顧客事例

株式会社プレイドの導入事例動画:インフラコストを大幅に抑えつつ、安定的で高いパフォーマンスを実現

“データによって人の価値を最大化する” というミッションを掲げ、Web サービス『KARTE』を通し、サイト訪問者データをリアルタイムに可視化し、会員登録や購買につなげるための「ウェブ接客」を実現している株式会社プレイド 。

KARTE』は、来訪者の過去のデータとあわせて、サイトに訪問している来訪者の状況をリアルタイムに可視化。 属性データ、購入・閲覧情報、SNS 情報などあらゆるデータから来訪者を可視化します。同社はウェブ接客で人とサーバーが会話できるレベルの基盤を実現するためには、コストを抑えながらいかにインフラのパフォーマンスを最大化するか、と言うところが非常に重要な視点であるとしています。

「スタートアップはあらゆるリソースが少ない環境での成長を求められます。投資効率を最大化しなければ生き残れないため、インフラコストを抑えつつも安定的で高いパフォーマンスが出せる環境が整備されている GCP への移行を決断しました」と GCP を選定した理由を同社 代表取締役 CEO 倉橋 健太さんは語ります。

来訪者に対して複雑なアクションをする際に、そのアクションに対してどういうフィードバックがかかったかなど、大量データをある程度の速度で処理する際に BigQueryを活用されているそうです。
実際に導入し BigQuery の魅力を「難しい処理のリクエストのクエリを書く場合も、使い慣れた SQL で処理の内容を簡単に書くことができ、大きいデータでも高速に処理し、全くレスポンスタイムが落ちないところです」と同社 テクノロジー オフィサー 牧野 祐己さんは振り返ります。
サービス開始から 2 年半のスタートアップ企業である同社が GCP をどのように活用し、ビジネスの成長を遂げているのかをお話いただいたインタビューをご覧ください。

Google Cloud Next ‘17 in Tokyo 基調講演登壇動画:Next Tokyo 2017 - 基調講演 - 6 月 15 日  ※株式会社プレイド登壇シーン 53:20 〜

GCP のその他の導入事例はこちらをご覧ください。