顧客事例

合同会社コンデナスト・ジャパンの導入事例動画:通常の 10 倍以上のアクセスが集中する注目記事への突発的なトラフィック増加をもろともしないコンテンツ配信環境を GCP で実現

業界をリードするプリント、デジタル、動画コンテンツにより、多くのオーディエンスを惹きつけているコンデナスト。日本では、1999 年 7 月に創刊した『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』『VOGUE GIRL』『VOGUE Wedding』などのメディア・ブランドを展開している合同会社コンデナスト・ジャパンは 2016 年末に、Web メディアの半数を GCP に移行。

より多くの読者に読んでもらうことを目的とするメディアのサイトは、負荷がかかりやすく、またその増減が激しいという問題があり SNS などで拡散された瞬間に負荷がかかってしまうなど急激なトラフィックを受け止められるインフラの構築が急務となっていた同社。それまで、Web メディアをオンプレミス環境で運用、年々増加するアクセスを支え続けることは難しく、さまざまなクラウドプラットフォームを検討し、最終的に GCP を選択されました。急激な負荷上昇があった際のオートスケールの追従の速さや、インスタンスの起動スピードが GCP を選んだ最大の理由。と同社 CTO(最高技術責任者)の仁礼 英銘さんは振り返ります。

こうして安定したパフォーマンスを実現するため Compute Engine を導入したその効果を「SNS で取り上げられるなど突発的な流入により、通常の 10 倍以上のアクセスが発生した時もスムーズにサイトが閲覧できる環境を整えることができました」とオンプレミスから GCP への移行を主導した同社バックエンド・エンジニア 井上 貴弘さんは語ります。

また同社は GCP をアクセス状況の統計的な分析に利用するプロジェクトも推進しており、より正確な分析を行なうために BigQuery を活用しています。
「初期の構築のエンジニアリングコストがほぼかからないこと、規模の大きなチームでなくても、少ないリソースやコストで簡単に使える BigQuery を使うと決めていました」と同社データ・アナリストの大坪 弘典さんは、BigQuery を導入した理由をこうお話されています。

今後は GCP の機械学習などのテクノロジーを活用しユーザーの好みに合わせたより柔軟なサービスを提供していきたいと展望を語る合同会社コンデナスト・ジャパンのインタビューをご覧ください。

合同会社コンデナスト・ジャパンの導入事例 PDF も合わせてご覧ください。

Google Cloud Next ‘17 in Tokyo セッション登壇動画:使ってみて初めてわかる GCP の魅力 〜 コンデナスト・ジャパン様/オープンハウス様 〜

GCP のその他の導入事例はこちらをご覧ください。