顧客事例

Deutsche Bӧrse Group は、クラウドへの移行を継続

GOOGLE_Banking_BANNER_3.jpg

※この投稿は米国時間 2020 年 9 月 16 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

「変革」という言葉は、イノベーション、アジリティ、変化といった多くのことを想起させます。一貫性と安定性は、おそらく変革に対する類義語としては想起されづらいですが、デジタル変革を推し進めている規制の厳しい業界においてこれらの特性は非常に重要です。事実、この 2 つはデジタル変革の成功において不可欠な重要性を担っています。

バリュー チェーン全体をカバーするプロダクトとサービスを提供する国際的な金融サービス企業である Deutsche Bӧrse Group は、グローバルな金融システムの健全性に貢献する役割を果たしており、規制の厳しい業界の大企業が、イノベーションと安定性の微妙なバランスをいかにして保っているかの好例となっています。同社は、クラウドを成功のための重要なツールとして、新しい技術への戦略的な集中のために利用し、セキュリティ、復元性、信頼性の高い自社インフラストラクチャを維持しながら、クラウドを(技術の)最前線で活用しています。

CIO 兼 COO の Christoph Böhm 氏のリーダーシップのもと、Deutsche Bӧrse は、戦略的パートナー(Google Cloud など)によるプロセスでのアドバイスとサポートを受けて、3 年以上前からクラウド変革を推し進めています。世界中の組織と従業員が激動の 1 年を過ごすさなか、Deutsche Bӧrse は成長戦略における大きな進展を成し遂げました。直近では、同社は Google Cloud VMware Engine を採用し、オンプレミス ワークロードを拡張して、Google Cloud に移行しています。

最高の機能

Deutsche Bӧrse の成長戦略の要は、幅広いオンプレミス アプリとクラウドアプリ、および複数のクラウド プラットフォームにわたるアジャイルで洗練された IT インフラストラクチャを維持することです。このマルチクラウドでハイブリッドな環境により、Deutsche Bӧrse は、規制の厳しい環境で必要とされる安定性、復元性、制御性を保つことができています。これによって、市場とサービスで発展する最新の顧客ニーズに対応するために必要なスケール、スピード、アジリティを犠牲にすることはありません。

Deutsche Bӧrse には、同社独自のプロセスに対応するために長年にわたりカスタマイズを行ってきた、数多くのオンプレミス VMware アプリケーションが至る所にあります。これらのアプリケーションの多くは、特に取引後の処理に関して、クラウドの恩恵を得られます。Deutsche Bӧrse は、Google Cloud VMware Engine を使用することで、アプリのリファクタリングにともなう費用や複雑さを排除しつつ、これらのアプリのクラウド移行を進めています。ほとんどの場合、マウスを数回クリックするだけで実施されます。

オンプレミス環境と一貫性のあるワークロードを実行、管理する機能により、チームの運用面での負担が軽減されます。スタッフは、同社の厳しい規制要件に準拠している既存のスキル、ツール、ポリシー、プロセスを引き続き使用できます。取引におけるハイブリッドでマルチクラウドなアプローチにより、ベンダー ロックインを回避し、IT チームに障害復旧の別のオプションを提供するための選択肢と移植性がもたらされています。

Deutsche Bӧrse の開発担当者もまた、同社によるクラウドへの移行の恩恵を受けています。Böhm 氏によると、クラウド サービスを使用することで、お客様向けの新規サービスの開発とテストが大幅にスピードアップしたということです。従来、担当チームのテスト能力は限定されていましたが、現在では同じ時間内で 3 つまたは 4 つの環境にまたがって数千のテストを実行し、開発プロセスにおけるエラーをより早く発見できるようになりました。VMware のワークロードを Google Cloud に移行することにより、Deutsche Börse では、新しいプライベート クラウド インスタンスの設定を数分以内にできるようになっています。同時にネットワーク相互接続などの既存のクラウド構造を含む既存のポリシーとツールを維持しつつ、ビジネス アジリティの向上も継続的に進めています。

一般的に、クラウド サービスの使用により、企業の生産性は高い水準で保たれますが、95% の人々がリモートワークを実施した世界的な COVID-19 のパンデミックのピーク期間にはこの特性が顕著に現れていました。Böhm 氏は、クラウドの拡大によりこのようなメリットがもたらされると考えています。同氏はまた、Google の AI 機能と広範な機械学習フレームワークの重要性も強調しています。機械学習サービスをハイパースケーリングすることにより、Deutsche Börse では、数週間ではなく数時間単位でのデータ サイエンス モデルのトレーニングが可能となります。これは、内部プロセスをさらに自動化し、新しいデータドリブンのサービスを以前より早く、セキュアな方法でお客様に提供するという Deutsche Börse の目標を達成するための大きな改善となります。同社にとって、データのセキュリティを確保することは、常に最上位の優先事項でした。そのため、強力なデータ プライバシー ポリシーをパブリック クラウドでのすべてのアクティビティに適用し、2 つの暗号化レイヤを有効にしています。Google Cloud が提供および適用している厳格なプライバシーとデータ セキュリティの手法は、Google Cloud の導入決定に至るまでのごく初期段階から重要な要素とされていました。

クラウドへ移行中の多くの企業と同様、Deutsche Bӧrse における移行は終了していません。それは、クラウド変革が(さらに言えばおよそ変革というものが)簡単には成し遂げられないものであることの証しでもあります。しかしながら、クラウドの生産性におけるメリットとイノベーションの速さにより、すでに同社は将来への備えができています。現時点でそれほど多くのことは必要とされていません。

Google Cloud を採用して、スケーラビリティ、復元性、コンプライアンスの基礎を築いている Deutsche Börse Group による取り組み内容の詳細については、こちらをご覧ください。

-Google Cloud DACH マネージング ディレクター、Annette Maier

-Google Cloud コンピューティング担当ゼネラル マネージャー、June Yang