Google Cloud Platform

Kubernetes Engine : マスター ノードの可用性を高めるリージョナル クラスタがベータに

Google は今秋、Google Kubernetes Engine でのリージョナル クラスタのアルファ リリースにより、高可用性マスターを導入しました。そしてこのたび、このリージョナル クラスタがベータ リリースとなり、Kubernetes Engine で大規模に利用できるようになりました。

リージョナル クラスタを使用すると、クラスタのアップタイム向上に役立つマルチマスターの高可用性コントロール プレーンを持つ Kubernetes Engine クラスタを作成できます。Kubernetes Engine ではリージョナル クラスタによって以下のメリットが得られます。

  • 1 つのゾーンで発生した障害からの回復 : マスターとノードは、1 つのゾーンではなく 1 つのリージョン全体で利用できるので、あるゾーンがダウンしても Kubernetes クラスタは引き続き完全に機能します。
  • マスターのアップグレード時にダウンタイムが発生しない : Kubernetes Engine は、Kubernetes マスターのアップグレード時には常にダウンタイムを最小化します。しかし、シングルマスターでは一定のダウンタイムが避けられません。リージョナル クラスタを使えば、コントロール プレーンはアップグレード時にもオンラインで可用性が保たれます。

リージョナル クラスタの仕組み

リージョナル クラスタを作成すると、Kubernetes Engine はリージョン内の 3 つのゾーンにマスターとノードを分散します。ゾーンで障害が発生しても、それらの動作を維持するためです。

デフォルトでは、Kubernetes Engine は各ゾーンに 3 つのノードを作成します(ノードは合計 9 つとなります)。クラスタのノード数は --num-nodes フラグで変更できます。

gke-regional-clusters-1.png

Kubernetes Engine リージョナル クラスタの作成は簡単です。各ゾーンに 2 つのノードを持つリージョナル クラスタを作成してみましょう。

  $ gcloud beta container clusters create my-regional-cluster --region=us-central1 --num-nodes=2

Cloud Console を使ってリージョナル クラスタを作成することも可能です。

gke-regional-clusters-2kdqf.PNG

リージョナル クラスタ機能と使用可能なフラグの詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。

Kubernetes Engine リージョナル クラスタは、ベータ期間中は追加料金なしで提供されます。料金は正式リリース時にお知らせします。フィードバックがありましたら、ぜひ gke-regional-clusters-feedback@google.com までお寄せください。

編集部注 : 米国時間の 12 月 6 日~ 8 日、テキサス州オースティンで #KubeCon カンファレンスが開催され、Kubernetes コミュニティが一堂に会しました。期間中、Google Cloud チームもプレゼンテーションやワークショップなどさまざまなイベントを催しました。

* この投稿は米国時間 12 月 5 日、Google Kubernetes Engine の Product Manager である Weston Hutchins によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Weston Hutchins, Product Manager, Google Kubernetes Engine