Google Cloud Platform

誕生から 10 年、App Engine の歩みを振り返って

10 年前、私たちはシンプルな動画ブログ記事を通じて Google App Engine を発表しました。App Engine のこれまでの成長や、App Engine がいかにアプリケーション開発を変えたか、お客様が行ってきたクラウドでの開発や、Google のプラットフォームでのビジネス構築を App Engine がいかに触発してきたかを振り返ると、背筋が伸びる思いです。

エンジニアリング チームの初期メンバーだった私には、草創期の頃の記憶が強く印象に残っています。たとえば、最初の App Engine アプリが 50 qps(クエリ / 秒)の壁を突破して興奮したのもつかの間、さらに負荷が増え続ける可能性に気づいたときは肝を冷やしました。急いで開発したデモ アプリの 1 つを誰かが欲しがったときのことや、App Engine の立ち上げ後のチーム ミーティングでお客様にお金を払ってもらう方法を生み出そうと決めたときのことも記憶に残っています。

このように細々と始めたことを考えると、私たちがこんなに遠くまで来たこと、そして App Engine の DNA が Google Cloud Platform(GCP)全体に浸透していることは驚きです。

10 年間のデジタル トランスフォーメーション

モバイル エクスペリエンスや 機械学習 / 人工知能から、ブロックチェーン、量子コンピューティングに至るまで、テクノロジーはこの 10 年間に私たちの日々の生活に大きな影響を与えてきました。今日、企業は多種多様なウェブおよびモバイル プラットフォームを通じてリアルタイムに顧客にアプローチしています。

技術が果たす役割のこうした根本的な変化に伴い、アプリケーション開発者は 10 年前とはまったく異なる要件を抱えるようになりました。たとえば、アジリティ、市場投入期間の短縮、ゼロ オーバーヘッドなどが求められています。

App Engine の中心的な考え方であるサーバーレス、サーバー管理不要、イベントドリブン プログラミング、リソースの使用量に応じた料金などは 10 年前から一貫しており、現在も当時と同様に当を得ています。企業は、オンプレミスでインフラストラクチャ リソースを所有する代わりに、クラウドで仮想マシンを実行するようになり、そのおかげでインフラストラクチャ管理から解放され、コード作成に集中できるようになっています。

App Engine はどのように進化してきたか

私たちは、開発者の生産性向上を後押しすることを目標に掲げて App Engine を導入しました。App Engine を使用すれば、優れたアプリケーションの構築に集中できる自由が得られ、それらの管理に追われることはありません。この目標は、当時も現在と同様に重要でした。

App Engine と、それに関連する NoSQL ストレージ システムの Cloud Datastore は、最初からフルマネージド プラットフォームとして提供されてきました。開発者はこれらのプラットフォームによって、Google が社内アプリケーションの実行に使用しているのと同じビルディング ブロックにアクセスし、グローバル規模で大量のデータを扱い、高負荷でも安定稼働するアプリケーションを構築してきました。

以下では、私たちがこの 10 年間に成し遂げた App Engine の重要なイノベーションの一部を紹介します。

これからの道のり

App Engine は、Google が最初に投資した GCP サービスの 1 つです。企業がサーバーレスの考え方を真に理解する前に、フルマネージドのサーバーレス プラットフォームを実現していました。私たちは 10 年間に多くの機能を追加し、数え切れないほどの教訓を学び、Best BuyIdexx laboratoriesKhan Academy など多くの企業をサポートしてきましたが、まだまだこれからです。

App Engine にはエキサイティングな未来が広がっています。私たちは新しい機能、新しいランタイム、顧客主導のサービスに取り組んでおり、これらを数か月後に発表できることを楽しみにしています。次の 10 年も、これまでの 10 年と同様にエキサイティングなものになることを確信しています。

App Engine をまだ使ったことがない方は、ぜひ今すぐお試しください。そしてフィードバックやコメントを App Engine チームにお寄せいただければ幸いです。

* この投稿は米国時間 4 月 13 日、GCP Engineering の Max Ross によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Max Ross, Director, GCP Engineering