Google Cloud Platform

Compute Engine インスタンスの管理が容易に

Google Compute Engine インスタンスの作成、複製、管理に多くの時間を割いているお客様もおられるでしょう。先ごろ、こうしたタスクを従来よりも簡単にする新しい管理機能が追加されました。

インスタンスの作成やテンプレートの活用

Compute Engine インスタンス テンプレートの最新アップデートにより、既存のインスタンス テンプレートに基づいてインスタンスを作成したり、既存の VM インスタンスからインスタンス テンプレートを作成したりできるようになりました。こうした機能はマネージド インスタンス グループとは別に提供され、VM インスタンスの作成や管理を強力かつ柔軟に行えるようにします。

たとえば、VM インスタンスをウェブ ベースのアプリケーションの一部として実行していて、開発段階から本番環境へと移行しようとしているとしましょう。今回の新機能により、インスタンスを指定どおりに正確に設定し、その黄金の設定をインスタンス テンプレートとして保存できるようになりました。そのテンプレートを使えば、希望する設定でインスタンスを必要な数だけ起動させることができます。また、オーバーライド機能を使用すると、インスタンス テンプレートから立ち上げた VM を微調整することも可能です。

インスタンス テンプレートの作成には Cloud Console やコマンドライン インターフェース、API を使用します。ここでは、インスタンス テンプレートとインスタンスを Cloud Console から作成する方法を紹介しましょう。

サイドバーから “VM Instances” を選択し、“Create Instance” ドロップダウン メニューをクリックして “From template” を選びます。そして、インスタンスの作成に使用するテンプレートを選択します。

compute-engine-instances-1mgbu.png

VM インスタンス起動時に複数の永続ディスクを作成

VMインスタンス用に複数の永続ディスクを作成することも簡単です。VM インスタンスの作成ワークフローの中で、複数の永続ディスクを作成できるようになったのです。もちろん、既存の VM インスタンスに後からディスクをアタッチすることも可能で、この部分に変更はありません。

この機能は、OS ディスクとは別のデータ ディスクやアプリケーション ディスクを作成する場合に便利です。インスタンス テンプレートに複数のディスクを定義し、マネージド インスタンス グループ内のインスタンスの起動時に複数のディスクを作成する場合にも、この機能を利用できます。これにより、マネージド インスタンス グループにおいて、それぞれが複数のディスクを持つ VM のグループをスケーラブルに作成できるようになります。

追加のディスクを Google Cloud SDK(gcloud コマンドライン インターフェース)で作成する場合は、--create-disk フラグを使用してください。

稼働中の VM インスタンスからイメージを作成

複製や共有、バックアップといった目的で VM インスタンスのイメージを作成するときに、そのインスタンスで稼働しているサービスを中断したくはないものです。これに応えるべく、稼働中の VM インスタンスにアタッチされているディスクからイメージを作成できるようになりました。Cloud Console で “Keep instance running” のチェックボックスをオンにするか、API にて force-create の フラグを true にしてください。

VM インスタンスを誤って削除しないように保護

時には事故も発生します。VM インスタンスを削除してしまい、主要なサービスが中断されるといったこともあるでしょう。そこで、単純なフラグを設定し、VM インスタンスが誤って削除されることがないよう保護してください。特に、SQL Server インスタンスや共有ファイル システム ノード、ライセンス マネージャというようなクリティカルなワークロードやアプリケーションが稼働している VM インスタンスにとって保護は重要です。

フラグは Cloud Console、SDK、API から設定(または解除)できます。下記のスクリーンショットは、UI から設定する方法を示しています。また、VM インスタンスの削除保護の状態をリスト ビューで確認することもできます。

compute-engine-instances-29rge.png

まとめ

Compute Engine をお使いのお客様は、これらの新機能を Cloud Console や Google Cloud SDK、API を介してすぐにでも利用できます。まだ Compute Engine を利用していない場合は、無料トライアルに申し込んで 300 ドル分の無料クレジットをお受け取りください。

新機能の詳細は、インスタンス テンプレートインスタンス作成カスタム イメージ削除保護に関するドキュメントをご覧ください。

* この投稿は米国時間 2 月 22 日、Google Compute Engine の Product Manager である Sophia Yang によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Sophia Yang, Product Manager, Google Compute Engine