Google Cloud Platform

Gartner マジック クアドラントで Cloud Infrastructure and Platform Services のリーダーに Google を選出

#gcp

※この投稿は米国時間 2020 年 9 月 9 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。


Gartner は 2020 マジック クアドラントで Google Cloud を 3 年連続で Cloud Infrastructure and Platform Services(以前は Infrastructure as a Service、または IaaS)のリーダーとして選出しました。Google Cloud のお客様やコミュニティが 2020 年以降も続くであろう不確実性を乗り越えられるよう、Google はお客様のレジリエンスと俊敏性の確保に注力しています。今年、Google は、お客様が将来に向けて調整や計画を行えるように提供内容を強化し充実させました。さらに、Garter による分析と評価により、お客様が重要なプラットフォームを選択する際に必要な安心感を与えられると信じています。

昨年に比べ、Google は「実行力」と「ビジョンの完全性」の両方において、リーダーのクアドラント内での位置を大幅に改善しました。

Google Cloud Next ‘20: OnAir で紹介したように、Google Cloud は、高度な管理機能とセキュリティ機能によってシンプルさと使いやすさを実現する、優れたインフラストラクチャの上に構築されています。昨年、Google が Anthos の更新や VMWare EngineActive Assist の導入など、数多くのサービスで革新のペースを速めると、デジタル ネイティブや従来の企業の両方が Google Cloud を選択しました。Anthos を使用することで、Google Cloud のお客様は、Google Cloud、自社のオンプレミス データセンター、サードパーティのクラウドなど、適切な場所でワークロードを実行できます。

Gartner は、データ分析と機械学習におけるビジョンの完全性、さらに Kubernetes や TensorFlow などのオープンソース プロジェクトへの長年にわたる投資を評価して、Google をリーダーとして位置づけました。Google Cloud は、Google テクノロジーを活用することで、顧客が喜ぶユニークで便利な機能を備えたアプリケーションを簡単に構築してデプロイできるようにしています。Google の独創性を企業組織に提供し続けることを楽しみにしています。

Google Cloud のハイパフォーマンスで拡張性のあるインフラストラクチャと最高クラスのマネージド サービスの組み合わせは、世界をリードする組織を魅了しています。多国籍小売大手企業のカルフールや、情報技術コンサルティング プロバイダの Wipro Limited は Google Cloud 上で SAP を実行しています。ドイツの家電小売業者 MediaMrktSaturn は、GKE と BigQuery にオムニチャネル小売プラットフォームを構築し、飲料製造業者の Keurig Dr. Pepper は、それぞれ 1,000 台を超えるサーバーを備えた 2 つのデータセンターを廃止し、Google Cloud に移行しました。Google のウェブサイトで Google Cloud の詳細を確認し、2020 Magic Quadrant for Cloud Infrastructure and Platform Services の無料コピーをダウンロードできます。


Gartner は、リサーチに関する発行物に掲載されている特定のベンダー、製品、サービスを推奨することはありません。また、最高の格付けまたはその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言することもありません。Gartner のリサーチに関する発行物は、Gartner のリサーチ組織の見解により構成されるものであり、事実の表明とは解釈されません。Gartner は、明示または黙示を問わず、商品性や特定の目的への適合性を含め、本リサーチに関連したいかなる保証も行いません。


-エンジニアリング担当バイス プレジデント Brad Calder