Google Cloud Platform

Cloud Natural Language API の新機能と Cloud Spanner の正式リリース

私たちは Google Cloud Next London において、お客様がクラウドを通じてビジネスを変革することを支援する新機能などの発表を行いました。Google Cloud Natural Language API に新しいサポート言語とエンティティの感情分析機能を追加したほか、Google Cloud Spanner の正式リリース(GA)についても明らかにしました。

Cloud Natural Language API の新機能(ベータ)

Cloud Natural Language API は、機械学習によってテキストから意味を抽出するフルマネージド サービスです。同 API のリリース以来、EvernoteOcado などのお客様が、この API を使って自社のビジネスを魅力的な形で拡張してきました。

たとえば、お客様のフィードバックや感情を分析したり、メールやウェブ上の記事といった非構造型テキストから鍵となるエンティティやメタデータを抽出したり、さらには(会議メモからやるべきことを引き出すなどの)新たな機能を生み出したりといった具合です。

多くの事例の中でもこれらのユース ケースは、サポート言語を拡大し、ベースとなる Google の NLU(Natural Language Understanding)技術を向上させる必要性にスポットを当てました。そこで私たちは、こうしたフィードバックを API に反映させ、以下の新機能をベータ版としてリリースすることにしたのです。

  • サポート言語を追加 : エンティティ認識、感情分析、構文解析のサポート言語として、従来からの英語、スペイン語、日本語に加えて、新たに簡体字中国語と繁体字中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語を追加しました。
  • 文書全体や文章のみならず、特定エンティティの感情を認識 : テキストのブロック内にあるエンティティを認識し、そのエンティティの感情を分析する新しい手法を導入しました。エンティティ感情分析が可能な言語は、現時点では英語のみとなります。詳細は “Analyzing Entity Sentiment” のページをご覧ください。
  • 感情およびエンティティ分析の品質改善 : ベース モデルの品質改善に向けた継続的な取り組みの一環として、今回のベータ版には感情およびエンティティ分析の改善モデルも含まれています。
これらの新機能をいち早く導入している Wootric などの早期アクセス ユーザーは、サポート言語拡張やエンティティ感情分析などを駆使して、自社のブランドや製品を利用しているお客様の感情をより深く理解しようと努めています。たとえば、「電話機本体は高価だが、バッテリの寿命はすばらしい」といったお客様のフィードバックから、電話機には否定的な感情を抱いているものの、バッテリ性能への感情は肯定的だということを把握しているのです。

この API が広く普及すれば、もっと面白くて便利なアプリケーションが数多く登場することでしょう。

Cloud Spanner の正式リリース

今年 3 月の Google Cloud Next '17 でも話題になった Cloud Spanner は、ミッション クリティカルな OLTP(オンライン トランザクション処理)アプリケーションに対応する、水平スケーリングが可能なフルマネージドのリレーショナル データベース サービスです。ミッション クリティカルな業務でのニーズを満たすように設計されており、強固な一貫性や高可用性、グローバルな拡張性によってサービスとしての独自性を際立たせています。

Cloud Spanner のベータ テスト期間中、このサービスをさまざまな業務に適用させようとしているお客様の様子を見て、私たちは期待に胸を膨らませました。以下はそうしたユース ケースの一例です。

  • 多国籍企業向けの顧客認証やプロビジョニングのようなミッション クリティカル アプリケーションを強化
  • 金融サービスや小売業界において、一貫性のあるビジネス トランザクションと在庫管理のシステムを構築
  • 広告やメディア業界において、低レイテンシと高スループットを必要とする、非常に高容量のシステムをサポート
Google が提供する他のサービスと同様、Google Cloud Platform(GCP)はすべてのパフォーマンス、スケーラビリティ、および可用性へのニーズに対して自動的に従量制で対応します。

今回の正式リリースにより、Cloud Spanner は新たなマイルストーンに到達しました。現在はリージョン インスタンスが提供されていますが、今年後半にはマルチリージョン対応のインスタンスが利用できるようになる予定です。Google でも Cloud Spanner を 5 年以上にわたって活用し、グローバルに展開するさまざまなミッション クリティカル アプリケーションを支えています。

皆さんがどんな新しいワークロードをクラウドにもたらすのか、またどんな新しいサービスを構築するのか、私たちは楽しみでなりません。

* この投稿は米国時間 5 月 4 日、Product Manager である Apoorv Saxena と Dominic Preuss によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Apoorv Saxena and Dominic Preuss, Product Managers