Google Cloud Platform

Google Cloud が 京都大学大学院医学研究科及び医学部附属病院の DX パートナーに

Kyoto Uni

京都大学と Google Cloud は、同大学大学院医学研究科及び医学部附属病院等のデジタルトランスフォーメーション (DX) に関する協定を締結しました。

この戦略的な協定は、京都大学大学院医学研究科の比類ない医学研究と医学部附属病院における医療サービスを、Google Cloud が提供するサービスを活用して、更に発展させることを目指しています。京都大学が誇る優れた医学・医療の知見と Google Cloud のスマートなデータ分析ソリューションや AI の融合によって産み出されるであろう新たなサービスを、世界に提供することを通じて、医学・医療分野のデジタルトランスフォーメーションを推進し、地域・日本・アジア・世界の医療の向上に貢献することを目指します。

一例として、京都大学大学院医学研究科及び医学部附属病院では、医療データや医療画像データをGoogle Cloud の提供するサービスを活用して効率的に分析できるようにするデータレイクを GCP 上に構築中です。柔軟な拡張性を持ち、費用対効果も高い BigQuery 等を採用することで、より柔軟なデータ抽出・分析を実現し、診断、治療、疾病予防のみならず、臨床研究での活用を予定しています。

京都大学大学院医学研究科の岩井一宏研究科長は以下のように述べています。

「Google Cloud の強力な支援は、京都大学大学院医学研究科の活動を更に前に進める大きな力になると考えます。京都大学大学院医学研究科の医学研究や、京都大学医学部附属病院の医療サービスを、デジタル技術を活用して飛躍的に推進し、新型コロナウイルス感染症の拡大で喫緊の課題となっている医療のデジタルトランスフォーメーションを、強力に推進して参ります。」

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 代表の平手智行 氏は以下のように述べています。

「 京都大学大学院医学研究科及び医学部附属病院におけるデジタルトランスフォーメーションの中核となる技術を、Google Cloud が担い、支援を提供できることは大変な栄誉です。Google Cloud が得意とするデータ分析ソリューションや AI 技術が日本の患者様によりよい医療を提供する一助となることを期待しています。」