Google Cloud Platform

BigQuery Data Transfer Service を正式リリース

Google は今年 3 月の Cloud Next にて、スケジュールに基づいて SaaS アプリケーションから Google BigQuery へのデータ移動を自動化する Google BigQuery Data Transfer Service を発表しました。このサービスは現在、AdWordsDoubleClick Campaign ManagerDoubleClick for PublishersYouTube Content および Channel Owner Reports をサポートしています。発表以来、trivago や Zenith などのお客様がこのサービスを利用して、1 行もコードを書くことなく、マーケティング向けのデータ ウェアハウス基盤を構築してきました。

そしてこのたび、BigQuery Data Transfer Service を正式版(GA)としてリリースしました。リリースの一環として、DoubleClick Campaign Manager と DoubleClick for Publishers が正式サポートの対象となっています。BigQuery に取り込まれたデータのクエリをすぐに実行できます。また Cloud Dataprep を使用すると、BigQuery Data Transfer Service によって配信されるデータと併せて分析したい追加データの探索やクリーニング、準備を視覚的に行うことも可能です。

主な新機能

Data Delivery Service Level Agreement(SLA)

BigQuery Data Transfer Service は Data Delivery SLA を提供するようになりました。データを受信してから 24 時間以内に BigQuery に転送し、1 日分の料金は毎月の請求書に記録されます。データは、お客様のチームのレポート ニーズに対応した形で BigQuery に届きますので、ご安心ください。

お客様の管理によるスケジューリング

一部のアプリケーションではデータ転送スケジュールを設定できるようになりました。お客様のレポート チームは、BigQuery へのデータ転送が必要なときに行われるように BigQuery Data Transfer Service を構成できます。

同一ロケーション

BigQuery Data Transfer Service は、BigQuery と同じロケーションで稼働するようになりました。この変更に伴い、複数のロケーションにサービスをデプロイしたときの可用性と信頼性が向上します。

お客様のコメント

「BigQuery Data Transfer Service は、私たちのデータベースにデータを取り込む際のタイムアウト、データの正確さ、粒度の問題を解消してくれました。正確で非常にきめ細かいデータが、必要なときに常に得られるようになりました。」
― Patrick Kool 氏、trivago の マーケティング ソリューション責任者

パートナー エコシステム

BigQuery Data Transfer Service でインポートしたデータは、TableauLookerZoomData などの主要なビジネス インテリジェンス ツールで可視化できるほか、Google Data Studio でも使用できます。

また、SpringMLPythianAnalytics ProsMerkleDeloitteSapient RazorfishCI&T などの Google Cloud サービス パートナーが、BigQuery ベースのマーケティング データ ウェアハウスを活用したビジネスの推進をお手伝いします。

料金

お客様のレポート チームのニーズに応えるべく、シンプルな料金プランを用意しています。

BigQuery Data Transfer Service を初めて使用する場合はドキュメントをご覧ください。フィードバックがありましたら、いつでもお寄せください。皆さんが何を作られるのか、私たちは楽しみにしています。

* この投稿は米国時間 11 月 16 日、Google Cloud の Product Manager である Matthew Tai によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Matthew Tai, Product Manager, Google Cloud