REST リソース: services.connections

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リソース: Connection

プライベート接続のリソースを表します。プライベート接続は、サービス プロデューサーの VPC ネットワークとサービス ユーザーの VPC ネットワーク間の VPC ネットワーク ピアリング接続として実装されます。

JSON 表現

{
  "network": string,
  "reservedPeeringRanges": [
    string
  ],
  "peering": string,
  "service": string
}
フィールド
network

string

サービス プロデューサーのネットワークと接続されているサービス ユーザーの VPC ネットワーク名。形式は projects/{project}/global/networks/{network} です。ここで {project} は、VPC サービス ユーザーの VPC ネットワークを含むプロジェクトの番号を表します(例: 12345)。{network} は、サービス ユーザーの VPC ネットワークの名前を表します。

reservedPeeringRanges[]

string

このサービス プロデューサーに対応付けられた 1 つ以上の割り当て IP アドレス範囲の名前。タイプは PEERING です。接続がすでに確立されているときに別の範囲を指定してこのメソッドを呼び出しても、すでにプロビジョニングされているサービス プロデューサーのサブネットワークは変更されません。

peering

string

出力のみ。サービス プロデューサーによって作成された VPC ネットワーク ピアリング接続の名前。

service

string

出力のみ。この接続に関連付けられているピアリング サービスの名前。形式は services/{service name} です。

メソッド

create

サービス プロデューサーの組織内の VPC ネットワークへの VPC ネットワーク ピアリング接続を確立するプライベート接続を作成します。

list

サービス ユーザーの VPC ネットワークで構成されているプライベート接続を一覧表示します。

patch

接続に対応付けられている割り当て範囲を更新します。