Google Cloud Platform

Rocro株式会社の導入事例動画:GAE + GKE をフル活用し、高品質な開発者向け SaaS サービスをソニーグループである Rocro株式会社が少数精鋭で開発・運用

2017 年 9 月、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の子会社として事業開始。世界中のソフトウェア開発者がより本質的な開発に集中できるよう、開発者向け SaaS 事業を『Rocro』のサービスブランドで展開している Rocro株式会社。ソースコードのバージョン管理サービス「GitHub」などは、定番中の定番と言えるでしょう。Rocro が目指すのは、ここに新たな定番の座を築くこと。

初期サービスは『Inspecode』『Docstand』『Loadroid』の 3 種。
自動コードレビューサービスである『Inspecode(インスペコード)』は、Checkstyle や golint、pyflakes など、50 種以上のツールでコード解析を行うほか、強力な自動修正機能も提供しています。また面倒なドキュメントの生成・維持・管理・公開を自動化した、API ドキュメント生成&ホスティングサービス『Docstand(ドックスタンド)』に、手間のかかる負荷試験を簡単なシナリオを書くだけで実施できるようにする自動負荷試験サービス『Loadroid(ロードロイド)』

これら 3 つのサービスには Google App EngineGoogle Kubernetes Engine が活用されています。(ほか、ストレージは Google Cloud Storage、データベースは Cloud Datastore を利用)

サービス実現のために数ある選択肢の中から、なぜ GCP を選択したのか、その理由をお話いただいたインタビューをご覧ください。

Rocro株式会社の導入事例 PDF はこちらをご覧ください。
GCP のその他の導入事例はこちらをご覧ください。