ネットワーキング

オンプレミス環境と GCP を連携した新しいハイブリッド クラウド ソリューションを Cisco と共同で提供

* この投稿は米国時間 10 月 25 日、Google Cloud の Head of Global Technology Partners である Nan Boden によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

Google はこの度、お客様のハイブリッド環境におけるアジリティとセキュリティの向上を目的に、 Cisco が提供するオンプレミス環境と GCP を連携したクラウド ソリューションの提供をするためのパートナーシップを結びました。これにより一元的なアプリケーションの開発と管理が可能となります。

私たちは Cisco と共に、ワークロードを開発、実行、保護、モニタリングするためのソリューションを提供します。これにより、お客様は投資を最大限に活かしながらも、各社のペースでクラウドへの移行を計画し、ベンダー ロックインも回避できます。さらに、クラウドでも、オンプレミスでも、同じ開発者ツール、ランタイム、運用環境で新しいアプリケーションを一貫して開発できるようになります。

このハイブリッド環境の要は、オープンソース プラットフォームの Kubernetes と Istio です。Kubernetes による管理とオーケストレーションにより、オンプレミス アプリケーションのモダナイゼーションを加速します。オンプレミスでは、Cisco のハイパーコンバージド プラットフォームである Cisco HyperFlex が、セキュリティおよび利用ポリシーを強化する管理ツールに加え、Kubernetes およびコンテナにクラウド対応ソリューションを提供します。

さらに Google では、Cisco Private Cloud Infrastructure と Google のマネージド Kubernetes サービスである Google Container Engine の両方において、一貫した Kubernetes 環境を提供するべく、Cisco と協力していきます。これにより、お客様は任意の管理ツール、ソフトウェア、ハイパーバイザ、OS 環境で、一度コードを書けば、それをどこにでもデプロイでき、クラウド ロックインされる心配もありません。また、オンプレミス ワークロードを Google Cloud Platform(GCP)の機械学習やスケーラブルなデータベース、データ ウェアハウジング等のサービスに接続する クラウド サービス ブローカ も提供します。

Istio は、私たちがパートナーと共に今年初めに発表した、コンテナとマイクロサービスに最適化されたオープンソース技術ですが、Istio により、開発者はポリシー駆動のコントローラを利用して、サービスのスケーラブルな接続、セキュリティ保護、発見、管理を実現できます。Istio を使えば、サービスを実行するコードに変更を加えることなく、デプロイされたサービスのネットワーク メッシュを作成し、負荷分散、サービス間認証、モニタリングといった機能を容易に組み込むことができます。このように、Istio は開発者によるポータビリティの高い新しいサービスの実装を容易にするとともに、それらのサービスを一元的に管理、構成する独立したポリシー ベースのプラットフォームを実現します。

今回のソリューションは、オンプレミス インフラストラクチャの改良とクラウドへの拡張を可能にし、これまで困難だった企業における運用課題に対処することを目指しています。この取組みでは、Cisco 製品のネットワークとセキュリティのポリシーおよび構成の拡張や、ハイブリッド クラウド環境全体にわたるアプリケーションの挙動のモニタリングなどの優れた機能を活用することができます。

活用例

既存のオンプレミス サービス

アプリケーション開発者は、クラウドに移行していないオンプレミスにある既存システムにロックインされているデータを利用しながら、顧客リーチの拡大を図る最新サービスを構築できます。このソリューションは、最新の API で通信を行う Google Cloud 上のサービスを利用して既存のオンプレミス システムを拡張します。アプリケーション開発者は、Google の API 管理プラットフォームである Apigee を経由して迅速かつ安全にレガシー システムにアクセスできます。これにより企業は既存のオンプレミス投資の価値を維持しながら、自社のペースでクラウドの活用を進めることができます。

ハイブリッド サービス

お客様は、Cisco Private Cloud Infrastructure を使用して Kubernetes ベースのコンテナ クラスタをデプロイし、管理できます。GCP サービス カタログにより、リモート サービスを利用するようにアプリケーションを簡単に構成でき、サービスの作成や管理の方法に関する詳しい知識は必要ありません。Istio を使えば、ハイブリッド環境全体にわたってランタイムの指標や運用に関する洞察、サービスの依存関係を示すグラフが得られます。

メリット

  • 利用可能な Google Cloud サービスを、ローカル サービス カタログを使って発見

  • オンプレミスから Google Cloud サービスへの自動認証

  • 既存のオンプレミス アプリケーションをクラウドに対応させ、継続的に利用

ローカル実行

Container Engine で開発してオンプレミスの本番環境にロールアウトしたり、その逆を行ったりすることができ、アプリケーションのニーズに応じて適切な環境をターゲットにすることで、開発者による変更の迅速なロールアウトや、ハイブリッド環境でのポートや移動が容易なサービスの構築に対するニーズに対応します。

以下の点が可能になります:

  • 単一ツール(Cisco Cloud Center)でワークロードをハイブリッド環境にデプロイ

  • ステートレス アプリケーションをオンプレミスとクラウドの双方に柔軟に移動

  • デプロイ パイプラインにネイティブに統合されたマルチクラウド オーケストレーション プラットフォームを利用

  • ハイブリッド クラウドへのアプリケーションのデプロイ時間を短縮

  • 開発チームと運用チームがエクスペリエンスを共有

既存のオンプレミス サービスの課題と同様に、Istio はランタイムの指標、運用に関する洞察、サービスの依存関係をグラフで表示します。

Cisco - Google のハイブリッド クラウドの使用

Cisco と Google Cloud の連携ソリューションには多くのコンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、クラウド サービス)が含まれます。これらは個々のお客様のニーズに応じてカスタマイズでき、まとめて購入することも個別に購入することも可能です。

Cisco のソフトウェア コンポーネントは、年間サブスクリプション( 契約期間 1 年、3 年、5 年)に基づいてライセンスされます。インフラストラクチャ コンポーネントは永続的に販売予定です。また、Cisco Capital が購入者の個別要件に応じて柔軟な価格オプションを提供します。

Google Cloud サービスは、Google から直接、または認定リセラーから購入できます。料金モデルの詳細は Google Cloud のページApigee のページをご覧ください。

Cisco の Technical Assistance Center(TAC)がお客様の総合サポート窓口となり、特定のビジネス ニーズ向けの構成や、開発キットも提供可能です。本ソリューションは 2018 年の前半に一部のお客様に対して限定的に提供され、同年後半に一般提供が開始されます。

本ソリューションの詳細は、このフォームか、Cisco または Google Cloud の担当者にお問い合わせください。