Google Cloud Platform

ソリューション ガイド : GCP におけるレンダリング ワークロードのセキュリティ

視覚効果をビジネスとする世界では、セキュリティとコンテンツ保護は誰にとっても重要です。本番環境用のデータ処理パイプラインを通る知的財産のセキュリティを確保することは、主要ハリウッド スタジオからの仕事を請け負ううえで絶対に必要です。

データは常に暗号化されていなければならず、リソースへのアクセスは注意深く管理されている必要があります。また、すべての変更項目をオンプレミスとクラウドの両方で記録しておかなければなりません。

そこで、私たち Google は先ごろ、Google Cloud Platform(GCP)におけるレンダリング ワークロードのセキュリティに関するベスト プラクティス ガイドを公開しました。

このガイドは、Google Cloud のセキュリティコア コンプライアンスMPAA ベスト プラクティスの各ガイドラインと一体となっており、セキュリティ コンプライアンス監査をパスする必要のある視覚効果施設を対象としています。クラウド セキュリティに関心を持つ組織や団体はすべて、これらのベスト プラクティス ガイドの恩恵を享受できます。

このドキュメントは、GCP のセキュリティ機能向上に合わせて更新されます。更新の際は、コンテンツの追加や変更に加えて、データ保護製品についても紹介していきます。

ベスト プラクティス ガイドが皆さんにとって有益かつ簡潔であることを願っています。ぜひ、ご意見をお寄せください。また試用版にサインアップし、クラウド上のワークロードを保護する方法について理解を深めてください。

* この投稿は米国時間 4 月 21 日、Cloud Solutions Architect である Adrian Graham によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Adrian Graham, Cloud Solutions Architect