Google Cloud Platform

「GCP 認定資格チャレンジ - デベロッパー 編」キャンペーンをスタート

Learners_header_1200×560.jpg

クラウド テクノロジーが IT の主流となりつつある昨今、多くの企業にとって、クラウドのスキルを持つ技術者の確保が大きな課題となっています。一方で、オンプレミスなど従来からのテクニカル スキルを持つ技術者にとっては、クラウド テクノロジーを学ぶことが今後のキャリアに重要な価値をもたらします。

こうした状況をふまえ、Google Cloud では今年 1 月に発表したように、クラウド スキルの向上支援を本年の重要項目として取り上げています。クラウドの成功に特に必要とされる人材の確保に直結するよう、認定資格のラインアップを増やすとともに、資格取得を支援するトレーニングの提供も推進しています。

このたび、Google Cloud Japan では、今年新たに提供を開始した「Google Cloud 認定 Professional Cloud Developer」の認定資格を、日本語にて提供開始いたしました。

また、本認定資格をより多くの方に取得いただけるよう、本日より「GCP 認定資格チャレンジ - デベロッパー編」キャンペーンを開始いたします。

本キャンペーンでは、認定資格取得に必要な知識を習得するための学習コースとして、Coursera が提供するオンデマンド トレーニングと、オンラインで GCP のハンズオンを行えるセルフペース ラボを、それぞれ 1 か月間無料で提供いたします。
キャンペーン期間は、6 月 6 日(木)から 7 月 19 日(金)となりますので、お早めにお申込みください。
キャンペーンの詳細およびご登録は、こちらよりご確認いただけます。

私たちは Google Cloud Platform をより多くの皆さまにお使いいただけるよう、引き続き学習プログラムの拡張を全力で推進してまいります。 皆さまもぜひご活用ください。