Chrome Enterprise

買い物客がオンライン注文へとシフトする中、Chrome OS と PaperCut がオーストラリアの BIG W の印刷技術の改良に貢献

BigW Blog Header

※この投稿は米国時間 2021 年 11 月 2 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

編集者注: 本日の投稿は、オーストラリアの Woolworths グループおよびオーストラリア国内に 176 店舗ある BIG W デパートのポートフォリオ / ソリューション オーナーである Steven Kernahan 氏によるものです。Woolworths Group IT とのコラボレーションにより、BIG W X は Chrome OS と PaperCut ソフトウェアを使用して、配達やオンライン購入の受け取りに対する店舗内の印刷プロセスを改善しました。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミック以降、Big W ではお客様によるオンライン購入商品の受け取りや配達が増加し、店舗のプリンタはオーバーヒート寸前でした。店舗で集荷、発送されるすべての荷物には、ラベルを印刷して貼り付けなければなりません。急増した受け取りと配達の需要に合わせて、プリンタは休みなしで稼働し、加えて通常の店舗内の値札の印刷もしなければなりませんでした。Chrome OS デバイスPaperCut ソフトウェアの導入後は、週に 50 万件の印刷ジョブが発生するピーク時であっても、プリンタたちは鼻歌を歌いながらこなしています。

クリックとキーストロークを減らして時間を節約

2016 年、当社は会社の成長に合わせ、店舗全体で印刷業務を刷新しました。チームが日常的に使っているほとんどのアプリはウェブベースであることから、PC に代わって 3,000 台以上の Acer Chromebook を導入し、店舗スタッフが印刷管理に使用しています。2018 年、BIG W X チームは、従業員がラベルを印刷するのに必要以上の時間とキーストロークを費やしていることに気づきました。荷物の宛名ラベルを印刷するプリンタと、他のパッケージ ラベルを印刷する別のプリンタの間を行ったり来たりしていたのです。

そこで、PaperCut の Mobility Print ソリューションを当社の複合プリンタに採用したところ、店舗内の印刷業務すべてを劇的に簡略化し、ソリューションの内部 API をカスタマイズして、印刷プロセスをより簡単に、より堅牢なものにすることができたのです。Google への移行で実現した社内のワンクリック プリント機能により、印刷ジョブごとの作業を削減し、ユーザー プロセスを効率化できました。今後、PaperCut Mobility Print をさらに多くの社内ソフトウェア ソリューションに追加する予定です。

BIG W X チームは、ラベル作成時のクリック数を削減し、印刷ジョブあたり 30 秒もの時間短縮に成功しています。これをすべてのジョブで合算するとかなりの時短につながります。受け取りや納品時の荷造りやラベル貼りのプロセスを大幅に短縮できたことで、お客様に商品をさらに早く届けることができるようになりました。Chromebases と PaperCut を社内のプラットフォームと組み合わせることで、信頼性と安定性のより高い印刷ソリューションを迅速に開発し、チームの効率を高めることができました。

プリンタの問題を限りなく軽減することは、コスト削減から顧客満足度の向上に至るまで、あらゆる面で大きな効果をもたらします。チームのプロセスを改善することで大幅なコスト削減を実現しただけでなく、電源ケーブルやネットワークの依存関係など、数千もの障害点を排除することができました。また、印刷アーキテクチャが簡素化されたことで、問題が発生した際の診断が迅速に行えるようになりました。

2021 年 1 月に BIG W のオンライン オペレーションに PaperCut Mobility Print と Chrome OS を使い始めてから、印刷業務に関するインシデントが 95% も減りました。Woolworths グループ ポートフォリオ / ソリューション オーナー、Steven Kernahan 氏

適切なインフラストラクチャを使用することで印刷の高速化と容易化を実現

2021 年 1 月、BIG W はオンライン オペレーションに PaperCut Mobility Print と Chrome OS を使い始めました。その結果、2018 年に導入したワンクリック プリントなどのプロセスの効率化を含め、印刷に関する業務上のインシデントが 95% 減少したことが確認できました。

素晴らしいことに、2021 年 1 月以降、PaperCut と Chrome OS を使っている 176 もの店舗において、印刷プロダクトやソリューションの障害は 1 つも出ていません。当社のストア サポートチームによると、店舗での印刷に関する問題はほぼなくなり、PaperCut への切り替えも従業員にとって非常にわかりやすく、すべて何の問題もなくスムーズに機能したとのことです。

トラブルなしの印刷プロセスにより、店頭価格の更新や、郵送や屋外での受け取りをより迅速に行えるようになりました。BIG W をご利用くださるお客様は、このようなラベル印刷の舞台裏はご存じないかもしれませんが、当社ではお客様が注文の品をより早く受け取れることで、顧客満足度のさらなる向上につながると認識しています。


- Woolworths グループ ポートフォリオ / ソリューション オーナー、Steven Kernahan 氏