API 管理

高速かつ強力なアプリを多くの人へ: 第 9 週の Next OnAir の動き

Next OnAir Week 9.jpg

※この投稿は米国時間 2020 年 9 月 12 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

Google Cloud Next ‘20: OnAir の第 9 週が終了しました。今週も充実した内容でお送りしました。Google Cloud ゼネラル マネージャー兼バイス プレジデント Amit Zavery の基調講演から、プロダクトのお知らせ、お客様のデモ、Google シニア バイス プレジデント Urs Hölzle のプレゼンテーションQ&A まで、企業が API やコードなしアプリケーションの開発を活用してデジタル変革を加速するさまざまな方法についてご紹介しました。非常に盛りだくさんの内容でしたので、1 つずつ振り返ってみましょう。

第 9 週の重要な発表

ビジネス アプリケーション プラットフォームのカテゴリへの投資についてご紹介しました。こうしたプラットフォームにより、企業はアプリケーションの作成と拡張、ビジネス プロセスの構築と自動化、レガシー アプリケーションの接続とモダナイゼーションが容易になります。

ビジネス アプリケーション プラットフォームでは、Apigee の API 管理と AppSheet のコードなし開発だけでなく、Google Cloud の機械学習機能も活用することで、従来の IT 部門の技術者が API をさらに活用できるようになり、基幹業務の従業員がコードを記述せずにアプリ作成や自動化を実現できます。もちろん、これらのすべてに強力なガバナンス ツールやセキュリティ保護機能が付属しています。ビジネス アプリケーション プラットフォームがお客様の構築のお役に立てば幸いです。

API Gateway ベータ版のリリースを発表しました。これは、デベロッパーが Google Cloud ワークロードとサーバーレス バックエンド用の API を構築、保護、モニタリングできるフルマネージド サービスです。サーバーレス API の利用者数は増えており、このソリューションを使用すると、デベロッパーはインフラストラクチャの考慮事項について心配せずに、API を共同編集者と共有できるようになります。

ノーコードのソリューションである AppSheet の 2 つの新機能も発表されました。技術者でない従業員が同じ統合プラットフォームでさらに強力なアプリとビジネス プロセスの最適化を構築できるようになります。Apigee datasource for AppSheet では、AppSheet ユーザーが Apigee API を利用できます。このため、ノーコード アプリで実質的に無限のデータソースが新しく利用できるようになるだけでなく、企業が業務アプリのバックログに対処しやすくなります。AppSheet Automation は自然言語インターフェースと状況に合わせた最適化案を提供し、ユーザーがビジネス プロセスの自動化に役立てることができます。こうした機能により、企業は時間のかかるエラーの発生しやすい手動プロセスを削減できます。

上記の新しいプロダクトがお客様の役に立てばと考えております。Amit が基調講演で述べたとおり、Google はさらに多くのことに取り組んでいます。今後 12 か月の間に、マルチクラウドやハイブリッドのデプロイモデルのサポートと ML 機能のさらなる統合を強化していく予定です。サーバーレス ワークロードのサポート強化など、変化し続ける DevOps のニーズに対応する拡張機能を計画しており、セキュリティとコンプライアンスの改善も当然ながら進めています。とりわけ、お客様によるアプリケーションの構築、デジタル アセットの管理、効率性の向上、データからの分析情報の抽出が簡単になることに重点を置いています。

デジタル変革を加速するデモのご紹介

第 9 週の大部分は、従来型のデベロッパーと近年出現した(コードを記述しない)シチズン デベロッパーを対象に、アプリケーション開発を簡単かつ迅速にできるようにすることに焦点を当てました。「簡単かつ迅速」を目に見える形でご確認いただくには、デモが最適です。

今週リリースしたデモをいくつか紹介します。

Google Cloud のお客様によるベスト プラクティス

カンファレンスで得られるもっとも貴重な情報のひとつとして、現場で製品や戦略を徹底的にテストした同業他社のベスト プラクティスが挙げられます。第 9 週にはさまざまな Google Cloud のお客様が登場し、デジタル変革をうまく利用するための豊富な情報を提供してくれました。

  • HP Inc. には、デベロッパー エクスペリエンスに重点を置いていることについて説明していただきました。これには、社内外のデベロッパー コミュニティ向けの明確な API カタログの作成が含まれます。

  • T-Mobile には 2 つのセッションに参加していただきました。一方のセッションでは、AI と ML のテクノロジーを API に組み込む方法を確認し、API 管理のベスト プラクティスの概要を示すデモを実演していただきました。もう一方のセッションでは、最新のクラウドネイティブ アーキテクチャで API 管理とサービス メッシュがどのように連携しているかをご説明いただきました。

  • Gap はセルフサービスで手軽なデベロッパー ポータルを通じて、API の採用を大幅に増やした方法を明らかにしました

  • Australian Energy Market Operator(AEMO)には、エネルギー空間向けの API ドリブンのオープン データハブについて詳しく説明していただきました

  • Pizza Hut には API を使用してプラットフォームをモダナイズした方法を解説していただきました

  • BHI には、AppSheet などの Google Cloud プロダクトを利用してドキュメント共有やコラボレーションのインフラストラクチャを完全に見直し、基幹業務の従業員が建築現場の検査などのタスクに合わせてノーコードアプリを構築できるようにする方法について説明していただきました

次のステップ

Google Cloud Next ‘20: OnAir は、第 9 週ですべてのプログラムが終了しました。インフラストラクチャ、セキュリティ、データベースから機械学習、コラボレーション、API まで、さまざまな分野を取り上げました。お客様がどのように実践に移されるのか、楽しみにしております。なお、ヨーロッパ、中東、アフリカのお客様のために、9 月 29 日に Google Cloud Next OnAir EMEA を開始します。これらの地域に合わせて用意された 30 以上の新しいセッションが 5 週間にわたって公開されます。詳細については、ウェブサイトをご覧ください

今週も含めて、2 か月間にわたりご参加いただきありがとうございました。また、見逃したセッションや見直したいセッションがある場合は、Next OnAir のセッション ページをご確認ください。録画されたすべてのセッションをご覧いただけます。

-プロダクト マーケティング、データおよびビジネス アプリケーション プラットフォーム担当ディレクター Dain Hansen