AbstractContainerService

com.google.appengine.tools.development

クラス AbstractContainerService

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.tools.development.AbstractContainerService
  • すべての実装インターフェース:
    ContainerService


    public abstract class AbstractContainerService
    extends java.lang.Object
    implements ContainerService
    ContainerService インターフェースの一般的な実装。

    サードパーティ サーブレット コンテナへのリファレンスはありません。

    • フィールドの概要

      フィールド 
      修飾子と型 フィールドと説明
      static java.lang.String PORT_MAPPING_PROVIDER_PROP 
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド 静的メソッド インスタンス メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと説明
      com.google.appengine.tools.development.LocalServerEnvironment configure(java.lang.String devAppServerVersion, java.lang.String address, int port, com.google.appengine.tools.development.ApplicationConfigurationManager.ModuleConfigurationHandle moduleConfigurationHandle, java.io.File externalResourceDir, java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object> containerConfigProperties, int instance, DevAppServer devAppServer)
      必要な設定パラメータを設定します。
      void createConnection()
      このコンテナのネットワーク接続を作成します。
      java.lang.String getAddress()
      リスナーのネットワーク アドレスを返しますが、このアドレスはサーブレット コンテナのデプロイ時に決まります。
      AppEngineWebXml getAppEngineWebXmlConfig()
      このコンテナの AppEngineWebXml 設定を返します。
      java.lang.String getHostName()
      モジュール インスタンスのホスト名を返しますが、この名前はサーブレット コンテナのデプロイ時に決まります。
      int getPort()
      リスナーのポート番号を返しますが、この番号はサーブレット コンテナのデプロイ時に決まります。
      java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> getServiceProperties()
      AppEngineWebXml の設定に応じて各サービスに渡されるプロパティのセットを取得します。
      static void installLocalInitializationEnvironment(AppEngineWebXml appEngineWebXml, int instance, int port, int defaultModuleMainPort, java.lang.String backendName, int backendInstance, java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> portMapping)
      コンテナの初期化に使用する com.google.apphosting.api.ApiProxy.Environment を設定します。
      void setApiProxyDelegate(<any> apiProxyDelegate)
      com.google.apphosting.api.ApiProxy.Delegate を設定します。
      void shutdown()
      サーブレット コンテナをシャットダウンします。
      void startup()
      サーブレット コンテナを開始します。
      • クラス java.lang.Object から継承されたメソッド

        equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
    • フィールドの詳細

      • PORT_MAPPING_PROVIDER_PROP

        public static final java.lang.String PORT_MAPPING_PROVIDER_PROP
        関連情報:
        定数フィールド値
    • コンストラクタの詳細

      • AbstractContainerService

        public AbstractContainerService()
    • メソッドの詳細

      • configure

        public final com.google.appengine.tools.development.LocalServerEnvironment configure(java.lang.String devAppServerVersion,
                                                                                             java.lang.String address,
                                                                                             int port,
                                                                                             com.google.appengine.tools.development.ApplicationConfigurationManager.ModuleConfigurationHandle moduleConfigurationHandle,
                                                                                             java.io.File externalResourceDir,
                                                                                             java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object> containerConfigProperties,
                                                                                             int instance,
                                                                                             DevAppServer devAppServer)
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        必要な設定パラメータを設定します。
        指定元:
        インターフェース ContainerServiceconfigure
        パラメータ:
        devAppServerVersion - devAppServer のバージョン。
        address - モジュール インスタンスが実行されるアドレス。
        port - モジュール インスタンスがバインドされるポート。0 の場合、使用可能なポートが選択されます。
        moduleConfigurationHandle - 設定にアクセスし、再度読み込むためのハンドル。
        externalResourceDir - null 以外の場合、applicationDirectory の外部にあるリソース ディレクトリ。リソースの検索時に、applicationDirectory より前に検索されます。
        containerConfigProperties - 特定のコンテナ実装の設定で使用される追加のプロパティ。このマップは、classloader の境界を超えて適用されます。マップの値はすべて JRE クラスにする必要があります。
        instance - このコンテナ インスタンスのインスタンス番号(0 を基準)またはLocalEnvironment.MAIN_INSTANCE
        戻り値:
        モジュール インスタンスの実行環境を表す LocalServerEnvironment。
      • setApiProxyDelegate

        public void setApiProxyDelegate(<any> apiProxyDelegate)
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        com.google.apphosting.api.ApiProxy.Delegate を設定します。

        DevAppServer で設定された元の委任にもアクセスできます。通常、この委任を呼び出して使用しますが、アプリケーションで委任を変更することもできます。このため、元の委任に対するリファレンスを維持します。

        指定元:
        インターフェース ContainerServicesetApiProxyDelegate
      • startup

        public final void startup()
                           throws java.lang.Exception
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        サーブレット コンテナを開始します。
        指定元:
        インターフェース ContainerServicestartup
        スロー:
        java.lang.Exception - コンテナからの例外がそのままスローされます。
      • shutdown

        public final void shutdown()
                            throws java.lang.Exception
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        サーブレット コンテナをシャットダウンします。
        指定元:
        インターフェース ContainerServiceshutdown
        スロー:
        java.lang.Exception - コンテナからの例外がそのままスローされます。
      • getServiceProperties

        public java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> getServiceProperties()
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        AppEngineWebXml の設定に応じて各サービスに渡されるプロパティのセットを取得します。
        指定元:
        インターフェース ContainerServicegetServiceProperties
        戻り値:
        各サービスに渡されるプロパティのマップ。
      • getAddress

        public java.lang.String getAddress()
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        リスナーのネットワーク アドレスを返しますが、このアドレスはサーブレット コンテナのデプロイ時に決まります。
        指定元:
        インターフェース ContainerServicegetAddress
      • getAppEngineWebXmlConfig

        public AppEngineWebXml getAppEngineWebXmlConfig()
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        このコンテナの AppEngineWebXml 設定を返します。
        指定元:
        インターフェース ContainerServicegetAppEngineWebXmlConfig
      • getPort

        public int getPort()
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        リスナーのポート番号を返しますが、この番号はサーブレット コンテナのデプロイ時に決まります。
        指定元:
        インターフェース ContainerServicegetPort
      • getHostName

        public java.lang.String getHostName()
        インターフェース ContainerService からコピーされた詳細
        モジュール インスタンスのホスト名を返しますが、この名前はサーブレット コンテナのデプロイ時に決まります。
        指定元:
        インターフェース ContainerServicegetHostName
      • installLocalInitializationEnvironment

        public static void installLocalInitializationEnvironment(AppEngineWebXml appEngineWebXml,
                                                                 int instance,
                                                                 int port,
                                                                 int defaultModuleMainPort,
                                                                 java.lang.String backendName,
                                                                 int backendInstance,
                                                                 java.util.Map<java.lang.String,java.lang.String> portMapping)
        コンテナの初期化に使用する com.google.apphosting.api.ApiProxy.Environment を設定します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境