GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.files

クラス GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.files.GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder
  • 含まれているクラス:
    GSFileOptions


    public static class GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder
    extends java.lang.Object
    GSFileOptions のビルダー。
    • コンストラクタの詳細

      • GSFileOptionsBuilder

        public GSFileOptionsBuilder()
    • メソッドの詳細

      • setBucket

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder setBucket(java.lang.String bucket)
        バケットの名前を設定します。必須。
        パラメータ:
        bucket - Google Storage バケットの名前
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setKey

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder setKey(java.lang.String key)
        オブジェクトのキーを設定します。必須。
        パラメータ:
        key - Google Storage オブジェクトのキー
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setMimeType

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder setMimeType(java.lang.String mimeType)
        オブジェクトの MIME タイプを設定します。設定されていない場合は、Google Storage から提供されるとき、デフォルトの Google Storage の MIME タイプが使用されます。Content-Type をご覧ください。
        パラメータ:
        mimeType - Google Storage オブジェクトの mineType。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setAcl

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder setAcl(java.lang.String acl)
        オブジェクトの acl を設定します。設定しない場合のデフォルトはありません(つまり、バケットのデフォルトになります)。アクセス制御をご覧ください。
        パラメータ:
        acl - Google Storage オブジェクトに使用。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setCacheControl

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder setCacheControl(java.lang.String cacheControl)
        オブジェクトのキャッシュ制御を設定します。設定しない場合、デフォルト値が使用されます。Cache-Control をご覧ください。
        パラメータ:
        cacheControl - Google Storage オブジェクトに使用。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setContentEncoding

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder setContentEncoding(java.lang.String contentEncoding)
        オブジェクトのコンテンツ エンコードを設定します。設定しない場合、デフォルト値が使用されます。Content-Encoding をご覧ください。
        パラメータ:
        contentEncoding - Google Storage オブジェクトに使用。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setContentDisposition

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder setContentDisposition(java.lang.String contentDisposition)
        オブジェクトのコンテンツ配置を設定します。設定しない場合、デフォルト値が使用されます。Content-Disposition をご覧ください。
        パラメータ:
        contentDisposition - Google Storage オブジェクトに使用。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • addUserMetadata

        public GSFileOptions.GSFileOptionsBuilder addUserMetadata(java.lang.String key,
                                                                  java.lang.String value)
        Google Storage によって提供される場合にオブジェクト ヘッダーに追加されるユーザー固有のメタデータを追加します。各エントリには、提供されるときに x-goog-meta- という接頭辞が付きます。たとえば、userMetadata マップに 'foo'->'bar' エントリを追加すると、ヘッダー「x-goog-meta-foo: bar」として提供されます。
        パラメータ:
        key -
        value -
        戻り値:
        this(チェーン用)
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境