CloudDatastoreRemoteServiceConfig(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api.datastore

クラス CloudDatastoreRemoteServiceConfig

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.datastore.CloudDatastoreRemoteServiceConfig


  • public abstract class CloudDatastoreRemoteServiceConfig
    extends java.lang.Object
    Cloud Datastore のユーザー設定可能グローバル プロパティ。

    App Engine スタンダードで動作しないコードは、setConfig(com.google.appengine.api.datastore.CloudDatastoreRemoteServiceConfig) を 1 回呼び出すことで、Cloud Datastore を使用すると、com.google.appengine.api から他のどのクラスにもアクセスできるようになります。次に例を示します。

     public static void main(Strings[] args) {
       CloudDatastoreRemoteServiceConfig config = CloudDatastoreRemoteServiceConfig.builder()
           .appId(AppId.create(Location.US_CENTRAL, "my-project-id"))
           .build();
       CloudDatastoreRemoteServiceConfig.setConfig(config);
       DatastoreService datastore = DatastoreServiceFactory.getDatastoreService();
       ...
     }
     
    設定が完了したらテストの外部でクリアしないでください。テスト内では、この設定は clear() を呼び出してクリアできます。
      @Before
     public void before() {
       CloudDatastoreRemoteServiceConfig config = CloudDatastoreRemoteServiceConfig.builder()
           .appId(AppId.create(Location.US_CENTRAL, "my-project-id"))
           .emulatorHost(...)
           .build();
       CloudDatastoreRemoteServiceConfig.setConfig(config);
     }
    
      @After
     public void after() {
       CloudDatastoreRemoteServiceConfig.clear();
     }
     
    デフォルトでは、この設定はアプリケーションのデフォルトの認証情報を使用します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境