ThreadManager(Google App Engine API for Java)

com.google.appengine.api

クラス ThreadManager

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.api.ThreadManager


  • public final class ThreadManager
    extends java.lang.Object
    ThreadManager は、App Engine アプリケーションが新しいスレッドを作成できるようにする ThreadFactory を公開します。スレッドを使用することの欠点と可能な代替手段については、スレッドに関する説明をご覧ください。
    • コンストラクタの概要

      コンストラクタ 
      コンストラクタと説明
      ThreadManager() 
    • メソッドの概要

      すべてのメソッド 静的メソッド 具象メソッド 
      修飾子と型 メソッドと説明
      static java.util.concurrent.ThreadFactory backgroundThreadFactory()
      現在のリクエストとは関係のないスレッドを作成する ThreadFactory を返します。
      static java.lang.Thread createBackgroundThread(java.lang.Runnable runnable)
      現在のリクエストとは関係なく runnable を実行する新しい Thread を作成します。
      static java.lang.Thread createThreadForCurrentRequest(java.lang.Runnable runnable)
      現在のリクエストの期間だけ runnable を実行する新しい Thread を作成します。
      static java.util.concurrent.ThreadFactory currentRequestThreadFactory()
      現在のリクエストを範囲とするスレッドを作成する ThreadFactory を返します。
      • クラス java.lang.Object から継承されたメソッド

        equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
    • コンストラクタの詳細

      • ThreadManager

        public ThreadManager()
    • メソッドの詳細

      • currentRequestThreadFactory

        public static java.util.concurrent.ThreadFactory currentRequestThreadFactory()
        現在のリクエストを範囲とするスレッドを作成する ThreadFactory を返します。これらのスレッドは、現在のリクエストの終了時に中断され、リクエストの期限内に完了する必要があります。

        ユーザーが作成するコードは、この ThreadFactory により作成されるスレッドに限定的にアクセスできます。たとえば、Thread.setUncaughtExceptionHandler(java.lang.Thread.UncaughtExceptionHandler)Thread.interrupt() を呼び出すことはできますが、Thread.stop() などの RuntimePermission("modifyThread") を必要とするメソッドを呼び出すことはできません。

        1 つのリクエストで 50 を超えるスレッドを作成しようとすると、Java ランタイムから java.lang.IllegalStateException がスローされます。

        返されたインスタンスで ThreadFactory.newThread(java.lang.Runnable) を呼び出すと、createBackgroundThread(java.lang.Runnable) に示されている非チェック例外がスローされる場合があるので注意してください。

        スロー:
        java.lang.NullPointerException - 呼び出し側のスレッドがリクエストに関連付けられていない場合。
      • createThreadForCurrentRequest

        public static java.lang.Thread createThreadForCurrentRequest(java.lang.Runnable runnable)
        現在のリクエストの期間だけ runnable を実行する新しい Thread を作成します。このメソッドを呼び出すことは、currentRequestThreadFactory() から返された ThreadFactory で ThreadFactory.newThread(java.lang.Runnable) を呼び出すことと同等です。このスレッドは、現在のリクエストの終了時に中断され、リクエストの期限内に完了する必要があります。
        スロー:
        java.lang.IllegalStateException - 1 つのリクエストで 50 を超えるスレッドを作成しようとした場合。
        java.lang.NullPointerException - 呼び出し側のスレッドがリクエストに関連付けられていない場合。
        ApiProxy.FeatureNotEnabledException - このアプリケーションでこの機能を使用できない場合。
      • backgroundThreadFactory

        public static java.util.concurrent.ThreadFactory backgroundThreadFactory()
        現在のリクエストとは関係のないスレッドを作成する ThreadFactory を返します。

        この ThreadFactory は現在、バックエンドでのみ使用できます。

        返されたインスタンスで ThreadFactory.newThread(java.lang.Runnable) を呼び出すと、createBackgroundThread(java.lang.Runnable) に示されている非チェック例外がスローされる場合があるので注意してください。

      • createBackgroundThread

        public static java.lang.Thread createBackgroundThread(java.lang.Runnable runnable)
        現在のリクエストとは関係なく runnable を実行する新しい Thread を作成します。このメソッドを呼び出すことは、backgroundThreadFactory() から返された ThreadFactory で ThreadFactory.newThread(java.lang.Runnable) を呼び出すことと同等です。

        このメソッドは現在、バックエンドでのみ使用できます。

        スロー:
        ApiProxy.FeatureNotEnabledException - このアプリケーションでこの機能を使用できない場合。
        ApiProxy.CancelledException - 新しいスレッドの作成中にリクエストが中断された場合。
        ApiProxy.ApiDeadlineExceededException - 新しいスレッドの作成にかかる時間が長すぎた場合。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境