Cloud OnAir

Cloud OnAir 番組レポート : 解説を聞きながら Anthos を体験しよう

ja-onair-hero

Cloud OnAir は、Google Cloud の製品をわかりやすく解説し、最新の情報などをいち早く皆様にお伝えする Online 番組です。

11 月 5 日の放送はオンライン学習プラットフォーム「QWIKLABS」を使いながら、数ある Anthos ラボの中から重要な部分の解説を  グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 スペシャリスト カスタマーエンジニアリング アプリケーション モダナイゼーション スペシャリストの柳原 伸弥と、ソリューションズ アーキテクトの長谷部 光治がお伝えしました。

Qwiklabs における Anthos 

Qwiklabs とは Google Cloud Platform を実際に使って演習(ハンズオン)する環境を 提供するプラットフォームです。ご自分のレベルに合わせた演習問題を選択し、 GCP をご自分のペースで 学習できます。ハンズオンラボは一つ一つ独立した演習になりますが、 目的別にクエストをご用意しております。クエストには学習目標に合わせて、いくつかのハンズオンラボがセットになってい ます。 1 つのラボは、早いものだと 10 分程度から 30 分程度で完了できます。

今回、演習するAnthos とは Google が提供する コンテナ アプリケーション プラットフォームです。Anthos では、クラウド環境とオンプレミス環境の両方で Kubernetes クラスターを実行できます。

基礎レベルの内容では、 Anthos の各機能コンポーネントから興味ある内容を学習することができます。上級レベルでは Anthos Service Mesh や、 Cloud Run for Anthos など Anthos で提供しているコンポーネントを実際に体験することができます。

Qwiklab 実演 の前に 

番組では演習を始める前に、知っておくと理解が進むポイントをお伝えしています。主なものは以下です。

  • サービスメッシュは、多岐に関連するアプリケーション同士の通信を、プログラム言語に依存せず、アプリケーションに手を加えることなく自動化し提供し、マイクロサービスを安全かつ、便利に設計するよう支えるテクノロジーです。

  • Istio は 2017 年 3 月にリリースした Google, IBM, Lyft によりプロジェクト開始したオープンソースソフトウェアです。サービスメッシュに含むアプリケーションの プロキシとして動くコンポーネントとして Envoy を利用しています。

  • マイクロサービスを設計する際に考慮するべき観点として以下を紹介しています。

    • トラフィック コントロール

    • サービス ディスカバリ

    • オブザーバビリティ

    • 障害分離

    • 認証・認可

Qwiklab 実演

番組後半では、「 Google Kubernetes Engine に Anthos Service Mesh を インストールする」というテーマで Qwiklab の実演を行なっています。GKE の環境設定から実際にコマンドを入力する様子と、どのような処理をされているか解説しており、演習を効率的に学ぶことができます。

また、マイクロサービスを構成するだけでなく動き始めた後の観測の重要性など、実際に運用する際に必要な視点まで踏み込んで、解説しています。ぜひご覧ください。

番組で説明した資料はこちらで公開しています。

Cloud OnAir では、各回 Google Cloud のエンジニアがトピックを設け、Google Cloud の最新情報を解説しています。見逃した放送、説明資料、さらには視聴者からの質問と回答はこちらよりご覧いただけます。

最新の情報を得るためにもまずはご登録をお願いします。