デベロッパー

Google Cloud Network Service Tiers の概要

Network Service Tiers Clipped

※この投稿は米国時間 2021 年 11 月 10 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

Network Service Tiers を導入したことで、Google Cloud はクラウド ネットワークのレベルを選べる初の大手パブリック クラウドになりました。Network Service Tiers にはプレミアムとスタンダードの 2 つのティアがあります。

プレミアム ティア

プレミアム ティアは、低レイテンシで信頼性の高い Google のグローバル ネットワークを利用して、外部システムから Google Cloud のリソースにトラフィックを配信します。このネットワークを構成するのは、世界各地に 100 か所以上の接続拠点(POP)を持つ広範なプライベート ファイバー ネットワークです。また、複数の障害や中断が発生した場合でも、トラフィックを配信し続けられるように設計されています。

プレミアム ティアは、VM インスタンスとロードバランサに対して、リージョン外部 IP アドレスとグローバル外部 IP アドレスの両方をサポートします。すべてのグローバル外部 IP アドレスでは、プレミアム ティアを使用する必要があります。複数のリージョンにバックエンドがある構成で HTTP(S) ロードバランサ、TCP プロキシ ロードバランサ、SSL プロキシ ロードバランサを使用する場合など、高いパフォーマンスと可用性が求められるアプリケーションでも、プレミアム ティアが必要です。信頼性とネットワーク パフォーマンスに優れたサービスを世界各地で展開することを目指すお客様にとって、プレミアム ティアは理想的な選択肢です。

プレミアム ティアでは、インターネットから受信したトラフィックが、送信元システムに最も近い POP から Google の高性能ネットワークに入ります。Google ネットワーク内では、トラフィックが POP から Virtual Private Cloud(VPC)ネットワーク内の VM か、最も近い Cloud Storage バケットにルーティングされます。送信トラフィックは、ネットワークを通り、宛先に最も近い POP から出ていきます。このルーティング方法では、エンドユーザーとエンドユーザーに最も近い POP の間のホップ数を減らすことで、輻輳を最小限に抑え、パフォーマンスを最大化します。

スタンダード ティア

スタンダード ティアは、外部システムから Google Cloud リソースにインターネット経由でトラフィックを配信します。Google のネットワークの二重冗長性が活用されるのは、Google データセンターとピアリング POP との接続ポイントまでです。Google ネットワークから送信されたパケットは、公共のインターネットを使用して配信されるため、介在する中継プロバイダと ISP の信頼性の影響を受けます。そのため、スタンダード ティアのネットワーク品質と信頼性は、他のクラウド プロバイダと同程度になります。

リージョン外部 IP アドレスでは、プレミアム ティアまたはスタンダード ティアを使用できます。スタンダード ティアの料金がプレミアム ティアよりも低いのは、インターネット上のシステムから送信されたトラフィックが、中継(ISP)ネットワーク経由でルーティングされるからです。つまり、ISP ネットワークから VPC ネットワーク内の VM や、リージョンの Cloud Storage バケットに振り分けられます。スタンダード ティアの送信トラフィックは通常、宛先に関係なく、Google のネットワークの送信元 VM のリージョンか Cloud Storage バケットが使用したリージョンから送信されます。稀なケースですが、ネットワーク イベントなどで最も近い出口を使えない場合に、トラフィックが別のリージョンの出口から送信されることがあります。

スタンダード ティアでは、レイテンシやパフォーマンスがそれほど重視されないアプリケーション向けに、低コストの代替手段が用意されています。これは、単一リージョンで VM インスタンスをデプロイしたり、Cloud Storage を使用したりするユースケースにも向いています。

ティアの選択

ニーズに最適なティアを使用することが重要です。ディシジョン ツリーを使用して、ユースケースにスタンダード ティアかプレミアム ティアのどちらが適しているかを判断することができます。ティアはリソースレベル(ロードバランサまたは VM 用の外部 IP アドレスなど)で選択できるため、あるリソースにはスタンダード ティアを使用し、別のリソースにはプレミアム ティアを割り当てるといったことが可能です。どちらのティアを使用すべきかわからない場合は、まずデフォルトのプレミアム ティアを選択してください。使用後にスタンダード ティアの方が適切だとわかったら、切り替えを検討しましょう。

Network Service Tiers の詳細については、ドキュメントをご覧ください。  

#GCPSketchnote の詳細については、GitHub リポジトリをフォローしてください。同様のクラウド コンテンツについては、Twitter @pvergadia で発信しています。thecloudgirl.dev もぜひご覧ください。

- Google デベロッパー アドボケイトPriyanka Vergadia