サーバーレス

Google Cloud API Gateway の公開ベータ版がリリース

MLInGSuite-01.png

※この投稿は米国時間 2020 年 9 月 8 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。


サーバーレス機能を使用すると、アプリケーション コードやテストに専念できるようになり、インフラストラクチャの設定やスケーリングに悩まされることがないため、ますます多くのデベロッパーがこれを導入しています。ビジネスとやり取りするための最初の、そして最も人気の選択肢としてデジタルな手段が選ばれるなか、デベロッパーは、サーバーレスのアーキテクチャやベスト プラクティスを取り込むことで、世界クラスのアプリケーションとサービスのスピーディーな提供を可能にしています。

また、サーバーレスのワークロードを使い勝手のよい API としてパッケージ化し、他のチームと共有したり、ウェブを介して公開したりする傾向が強まっています。デベロッパーは、多くの場合、セキュリティ、分析、モニタリングを目的として、サーバーレス機能を API にパッケージ化しています。

Google は本日、デベロッパーが基盤となるインフラストラクチャに悩まされることなく、コードの作成に注力できるように、API Gateway のベータ版を発表いたします。API Gateway は、サーバーレス ワークロード用の API の作成、保護、モニターを可能にする、フルマネージドの Google Cloud サービスです。API Gateway は、Envoy を基盤にして構築されており、高いパフォーマンスとスケーラビリティを提供するとともに、コスト管理をしやすいように従量制と階層型の両方の料金オプションを備えています。

「API Gateway のおかげで、サーバーレスなバックエンドへのすべての API 呼び出しを簡単に管理できるようになりました。API Gateway を導入する前は、さまざまなタイプの API 呼び出しのスケーリングや統合に課題がありました。Cloud Console から簡単にアクセスでき、Google Cloud で完全に管理される単一プラットフォームを使用することで、それらの課題を解決できただけでなく、API の管理性が 10 倍向上しました」

と、MediaMarktSaturn データアクセス担当テクニカル プロダクト マネージャーの Fabian Seitz 氏は述べています。

それでは、新しい API Gateway を詳しく見てみましょう。

1 つのインターフェースで複数のサービスを利用可能

API-Gateway-Still.jpg

機能を複数のサービスに分割することは、デプロイとスケーリングの柔軟性が高まるため、デベロッパーにとっては望ましいことです。しかし API ユーザーにとっては、求めている機能を利用するために使用すべきサービスを知るすべがないため、複雑性が大いに増す可能性があります。新しい API Gateway を使用すると、デベロッパーは複数のサービスを使い勝手のよい API にパッケージ化することができ、なおかつ、API ユーザーは 1 つのインターフェースから簡単にアクセスできるようになります。たとえば、天候データを専門とする企業が、天気に関する警報、予報、履歴、場所の機能を 4 つの異なるサービスとして作成しているとします。API Gateway を使用すれば、エンドユーザーは 1 つのアクセス ポイントから 1 つの天候 API を使用するだけで、それらすべてのサービスにアクセスできます。

API を簡単に保護する

11362306-794e-48ea-8d0a-63530f76bfdf.jpg

デベロッパーの効率を高め、製品化までの時間を短縮するために、多くの組織はチームの内外で再利用可能なサービスやコンポーネントを共有しています。そうした共有相手には、外部のデベロッパー コミュニティが含まれることもあります。サービスを外部化すると、新しいユーザーにそのサービスを紹介でき、イノベーションの範囲を拡大できますが、同時に、不正使用やボット攻撃を受ける可能性も高まります。そのため、API を介してサービスを保護することが極めて重要になります。API Gateway は、認証やキー検証といった、さらなるセキュリティ保護を提供します。これは、すべての呼び出しに有効な API キーを提供するよう求めるセキュリティ定義を構成することで実現されます。また、不正使用や過剰使用から API を保護するために、割り当てを設定したり、使用上限を指定したりすることも可能です。

アプリケーション開発に専念する

4eb19a60-8793-4829-b2b0-3e14e85d519b.jpg

API Gateway を使用すると、柔軟なデプロイやスケーリングをはじめとした、サーバーレスによる運用上のあらゆるメリットを享受できるので、アプリケーションの開発に専念できます。また、Cloud Functions、Cloud Run、App Engine、Compute Engine、Google Kubernetes Engine など、複数のバックエンド向けに API を管理できます。

スタートガイド

ドキュメントをご覧になり、Console に移動して、API Gateway ベータ版の使用を開始してください。API Gateway と料金について詳しくは、こちらをクリックしてください。


-Google Cloud プロダクト管理ディレクター Bala Kasiviswanathan

-Google Cloud プロダクト管理ディレクター Aparna Sinha