ネットワーキング

新リージョンと海底ケーブルの増設でグローバル インフラストラクチャを拡張

*この投稿は米国時間 1 月 16 日に Keyword に投稿されたものの一部を抄訳したものです。投稿全文の翻訳については、後日 GCP Japan Blog に掲載します。

Google はこの 3 年間で、自社のインフラ強化のために 300 億ドルを投資しました。もちろん、この投資に終わりはなく、世界各地をつなぎ、クラウドのお客様により良いサービスを提供するために、データセンターの新設や海底ケーブルの敷設などインフラストラクチャの拡張に引き続き力を注いでいます。今回発表する 3 本の新しい海底ケーブルと 5 か所の新リージョンは、その具体的な成果となるものです。

Google は 2018 年の第 1 四半期にオランダとカナダのモントリオールに新しいリージョンを開設し、その後もロサンゼルス、フィンランド、香港にリージョンを順次新設します。そして 2019 年には、チリとロサンゼルスを結ぶ専用線の Curie、米国とデンマークおよびアイルランドを結ぶ共用線の Havfrue、アジアの主要な海底通信ハブを結ぶ HK-G (Hong Kong-Guam Cable system) の 3 本の海底ケーブルについて運用を開始します。

これらの投資により、今でも世界最大級を誇る Google ネットワークを、今後さらに強化していきます。ある調査によれば、全世界のインターネット トラフィックの 25 % を Google が担うという試算も発表されています。

nTUMd342mtUZWyZ4bayLcaKRuIMp2IqOmAFrC5JIfz-R2fLaxq-hNfhP01JWkSPenJfoRN0yA1eSUYuDGMEnO4Y0UPBtw-rw22PniznqJhnj4dPDDBRzS4Ma3MF7SQbHFAIOopJUlva2.PNG
図 1. GCP の既存リージョンと新設予定リージョン
pvKlwH_rwYmJY3DAAEYSYbChIvvsAvmV9rQ0FZoAGIKsc1Pbb0MqAIy0jsPtfcO6Il_8MiFj7TwnSMFrWze8jucBQ3wS4VW9zRMOFtArMBspoVK4wXVs-3c6wpQzem4m-DKsIHlM9z8b.PNG
図 2. ロサンゼルスとチリ、米国とデンマーク / アイルランド、アジアの主要地域間のトラフィックを強化する 3 本の海底ケーブル

こうした投資の成果に Google は大きな期待を寄せており、ますます結びつきを強めていく世界の中で、お客様に最高のクラウド サービスを提供するべく、インフラストラクチャへの取り組みを強化していく所存です。

- By Ben Treynor, 24x7 VP, Google Cloud