Google Cloud Platform

Windows と .NET のためのコードラボ ガイド

Google Developers Codelabs は、Android Wear や Firebase、Web など幅広いトピックのコードラボ(ハンズオン形式で体験できる解説付きのコーディング エクササイズ)を提供しています。Google Cloud Platform(GCP)にも専用のセクションがあり、Google Compute Engine や Google App Engine、Kubernetes などのコードラボを用意しています。

GCP では常に新しいコンテンツの作成を進めていますが、その中で Windows や .NET アプリケーションを実行することをテーマとした新しいコードラボを作成し、それをまとめた専用ページを公開しました。その概要を紹介していきます。

2111896.png

.NET デベロッパーなら毎日 Visual Studio を愛用していることでしょう。『Install and use Cloud Tools for Visual Studio』は、Visual Studio 用の GCP プラグインのインストール方法と使い方を説明します。

Windows Server で ASP.NET アプリケーションを作成しているデベロッパーには、最初に『Deploy Windows Server with ASP.NET Framework to Compute Engine』を試してみることをお勧めします。このコードラボでは、ASP.NET Framework を含む Windows Server を Compute Engine にデプロイする方法を学べます。

Windows Server をデプロイしたら、『Deploy ASP.NET app to Windows Server on Compute Engine』を試してください。このコードラボでは、Visual Studio で簡単な ASP.NET アプリを作り、Windows Server にパブリッシュするまでの作業を体験できます。これら 2 つのコードラボから、GCP での ASP.NET 開発とデプロイを理解できます。

既に ASP.NET の新しいマルチプラットフォーム バージョンである ASP.NET Core に切り替えているなら、『Build and launch an ASP.NET Core app from Google Cloud Shell』で、Cloud Shell から初歩的な ASP.NET Core アプリの構築とテストをする方法を学べます。このコードラボでは、すべてをブラウザ内で行えます。クールですね!

ここで作成したアプリケーションは、App Engine か Google Container Engine の Kubernetes にデプロイできます。簡単なのは間違いなく App Engine で、その方法を『Deploy an ASP.NET Core app to App Engine』で説明しています。Kubernetes に挑戦したいなら、『Deploy ASP.NET Core app to Kubernetes on Container Engine』に進んで、ASP.NET Core のポッドで Kubernetes クラスタを作りましょう。

デプロイ先がどこであろうと、アプリケーションは運用管理していく必要があります。それに役立つ PowerShell のコードラボが『Install and use Cloud Tools for PowerShell』です。GCP の PowerShell コマンドレットを使い、PowerShell スクリプトで GCP リソースへアクセスして、管理する方法を学べます。

以上、 Windows および .NET のコードラボの概要でした。どこから始めたらいいのか迷ったときには、参考にしてください。。Windows と .NET の専用ページには今後もコードラボを追加していく予定です。定期的にチェックしてみてください。

* この投稿は米国時間 2 月 6 日、Developer Advocate である Mete Atamel によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Mete Atamel, Developer Advocate