Google Cloud Platform

ホワイトペーパー : GCP へのリフト&シフト

Google はこのほど、『How to Lift-and-Shift a Line of Business Application onto Google Cloud Platform』(一連の業務アプリケーションをリフト&シフトで Google Cloud Platform に移行する方法)というタイトルのホワイトペーパーを公開しました。これは、アプリケーションの移行と刷新をテーマとする 4 本のホワイトペーパー シリーズの第 1 弾です。第 2 弾は数週間以内に公開予定で、その際はこのブログでお知らせします。

今回のホワイトペーパーでは、現在自社データセンターのオンプレミス サーバーに置かれている経費報告書作成用のウェブ アプリケーション(Microsoft Windows ベースで 2 ティア)を、Google Cloud Platform(GCP)に移行するプロセスを細かく説明しています。

ホワイトペーパーには、背景の説明、3 フェーズ プロジェクトの方法論、GitHub 上のアプリケーションへのリンクなどが含まれています。オンプレミスのシナリオをレプリケートし、アプリケーションの GCP への移行をリハーサルすることができます。

3 フェーズ プロジェクトは、GCP ネットワーク、サイト間 VPN、仮想マシン(VM)などの GCP リソースのインプリメンテーション、Microsoft SQL Server 可用性グループの設定、新しいハイブリッド環境への Microsoft Active Directory(AD)レプリケーションの設定から構成されています。

ホワイトペーパー(英語)は自由にダウンロード可能です。ご自身のアプリケーションをリフト&シフトで移行したい方は、ホワイトペーパーに書かれているのと同じ手順を踏めば、今すぐ移行を始めることができます。どうぞお試しください。

* この投稿は米国時間 1 月 9 日、Product Marketing Manager である Bryan Nairn によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Bryan Nairn, Product Marketing Manager