Google Cloud Platform

Compute Engine のマシン タイプで 64 vCPU が利用可能に

私たち Google はこのたび、仮想マシンの最大サイズを拡張し、事前定義されたマシン タイプカスタム マシン タイプの両方で、最大 64 個の仮想 CPU と最大 416 GB のメモリを使用できるようにしました。

39707.png

64 vCPU のマシン タイプは、Haswell、Broadwell、Skylake(現在はアルファ段階)世代の Intel プロセッサを搭載するホスト マシンで利用できます。

64 vCPU マシン タイプのアーリー アダプターである Descartes Labs の共同創業者でクラウド アーキテクトを務める Tim Kelton 氏は、次のように述べています。

私たちは最近、地球の合成画像レイヤと GeoVisual Search の両方を構築する際に、64 vCPU インスタンスを使用しました。どちらの場合も、私たちの並列処理ジョブがタスクを完了するまでに数万 CPU 時間を要しました。新しい 64 vCPU インスタンスを使用すれば、1 つのインスタンスで同時に扱える衛星画像シーンが増え、総処理時間を大幅に短縮できます。

新しい 64 コア マシンはすでに利用可能です。Google Cloud Platform を初めて利用し、かつ大型の仮想マシンを試したい場合は、12 か月有効の 300 ドル相当のクレジットを利用すれば簡単に始められます

* この投稿は米国時間 5 月 10 日、Google Compute Engine の Product Manager である Scott Van Woudenberg によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Scott Van Woudenberg, Product Manager, Google Compute Engine