データ分析

Looker Marketplace で BI を超える

#looker

※この投稿は米国時間 2021 年 11 月 9 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

多くの企業にとって、ビジネス インテリジェンス(BI)は、データの可視化とダッシュボードから成るものです。問題は、ダッシュボードがデータに関するすべてのニーズに応えるものではないということです。今日、多くのユーザーは、すぐにアクセスでき、日々の業務にシームレスに活用できるリッチなデータ エクスペリエンスを求めています。Google Chat や Slack のようなコラボレーション アプリに分析情報を反映する、Google ドキュメントやスライドなどの生産性向上アプリにデータを取り込む、有料メディア入札の更新や AI bot の使用など、自動生成されるビジネス プロセスをトリガーするといったことは、情報を提供し、統合し、運用化できる方法のほんの一部にすぎません。

このような理由から、企業はデータや分析を意味のあるものにし、直ちに生産性向上に寄与する方法で従業員に提供することを考える必要があります。当社はこれを「BI を超える」と呼んでいます。

日常のデータ エクスペリエンスを反映

私たちは日常的に、ほぼ何をするにしても、意識することなくデータ分析を行っています。座ってお気に入りのストリーミング サービスを視聴するとき、外を移動するとき、オンラインで買いものするとき、スマート ウォッチを使って運動するとき、私たちは日々の活動の中で統合されたデータ分析情報を利用します。

こういった体験は、私たちが職場のデータシステムに何を期待するかに影響を及ぼしており、これゆえに、企業は業務においてデータと分析を提供する新しい手法を必要としています。

Looker Marketplace

1 Looker Marketplace.jpg

Looker プラットフォームは、既製サービスをカスタマイズして提供したり、すぐにデプロイできる Looker Blocks™ を提供したりすることで、企業がこの新しい手法を実践し、BI を超えられるよう支援します。これらのデータドリブンなエクスペリエンスは、企業または部門のニーズに焦点を当てたものです。

これらのアクセラレータは、以下をサポートします。

  • 最新の BI と分析: 誰もがタイムリーで信頼性の高いデータに簡単にアクセスできるようにすることで、データに基づいてより適切、迅速、確信を持った意思決定を毎日行えるようにします。

  • 統合された分析情報: すでに利用中のツールやプロダクトに関連情報を取り込み、これらのツールの使い勝手を向上させ、チームの業務を効率化します。特に意識しなくても、社内の全員がデータに基づいた意思決定を行えるようになります。

  • データドリブンなワークフロー: ほぼリアルタイムの包括的なデータで業務ワークフローを強化することにより、ビジネス プロセスを最適化します。ビジネスのあらゆる業務でデータを活用し、時間と費用の節約につなげることができます。

  • カスタム アプリケーション: 業務に合わせてカスタマイズされたエクスペリエンスを通じてデータを提供する専用ツールを作成します。従業員、顧客、パートナーが求めるエクスペリエンスを提供することで、効果的かつ効率的な作業を実現できます。

Looker Marketplace を使用すると、Looker インスタンスにデータ エクスペリエンスを導入したり、マーケットプレイスから取得したビルディング ブロックを利用し、再利用可能な形でこれを拡張することで、新しいデータ エクスペリエンスを迅速に構築したりするためのコンテンツを見つけやすくなります。

BI を超えるためのソリューション

このようなソリューションの例として、Looker Marketplace で提供している Contact Center AI(CCAI)Insights が挙げられます。

2 Looker Marketplace.jpg

CCAI Insights を使用することで、Looker 上で AI の力を活用してお客様と自然に会話し、基本的な問題を迅速に解決できるようになりります。また、全体的な効率を向上させながらお客様とのやり取りを測定、分析することで、将来の体験を改善し、長期的な顧客満足度を高めることができます。

Google の機械学習機能と Looker Blocks を使用することで、うまくいった解決策を簡単に見つけだし、データ アクションを使用して、新しい分析情報を基にコンタクト センターの運営を自動化できます。

もう一つの例として、Google のクラウド費用管理ソリューションが挙げられます。  効果的なクラウド費用管理が重要な理由は、費用の管理だけではありません。優れたクラウド費用管理ソリューションを利用すると、無駄を省き、必要な費用とリソースの両方を予測できます。

3 Looker Marketplace.jpg

クラウド費用管理ブロックを活用することで、データの移動を伴わずにクラウド費用を簡単に把握できます。既存の請求データとプラットフォーム利用データは、サイロ化された既存のクラウド データ ウェアハウス プラットフォームに残ります。Looker は、それぞれのクラウド データ ウェアハウスにある請求データに直接接続し、Google Cloud、AWS、Azure にまたがってクラウド支出をまとめたレポートビューを表示します。すべての支出情報を 1 つのダッシュボードで確認でき、ダッシュボードでは、日付、スキルチーム、アプリケーション名などの相互フィルタを使用できます。アラート通知を有効化し、レポートをメールやメッセージ サービスで他の送信先に自動的に送信するようにスケジュール設定できます。つまり、初日から、リアルタイムで正確なマルチクラウドの費用レポートを作成できるようになります。

新しいデータ エクスペリエンスの構築と Looker Marketplace へのアップロード

Looker Marketplace は、開発者と Looker パートナーが作成した新しいコンテンツを公開できる場です。開発を始めるにあたり、最も簡単な方法は、Looker Developer Portal にアクセスして、当社のプラットフォーム機能を使用して構築できるあらゆる種類のコンテンツを探すことです。

4 Looker Marketplace.jpg

11 月 9~11 日、Looker は年 1 回のカンファレンス「JOIN」を開催し、次の内容をご紹介します。

  • ビジネスのスピードに合わせてデータ エクスペリエンスを構築する方法

  • マーケットプレイスのコンテンツでビジネス価値を迅速に高める方法

  • 再利用可能な分析コンポーネントを使用してビジネスを成長させる方法

JOIN への参加は無料です。こちらからご登録いただき、組織でカスタマイズされたデータドリブンなエクスペリエンスを構築して提供するにあたり Looker がどのように役立つかをご確認ください。レポートやダッシュボードに留まらず、ビジネスとともに成長するエクスペリエンスにより、開発者にとって革新的なデータ プロダクトの迅速な構築と、すべてのメンバーからの確実なデータアクセス実現が可能になります。

- Looker アプリケーション プラットフォーム担当アウトバウンド プロダクト マネージャー Azmat Tanauli