Google Cloud Platform

株式会社インフォステラの導入事例:人工衛星の利活用拡大を担う画期的サービス「StellarStation」に Google Kubernetes Engine をはじめとする GCP を採用

logo_transparent.png

利用している Google Cloud Platform サービス

Google Kubernetes EngineCloud SQLGoogle Cloud StorageCloud Pub/SubGoogle Cloud Load BalancingCloud IoT CoreGoogle BigQuery など


株式会社インフォステラ

2016 年に創業された、宇宙通信ベンチャー。人工衛星との通信を行う地上局共有プラットフォーム「StellarStation」のほか、世界中の衛星運用者とメーカー、大学、サービス提供者を繋ぐ EC プラットフォーム「Makesat」など、人類が宇宙空間をより有意義に活用できるようにするためのサービスを開発・提供している。現在の従業員数は 22 名(2018 年 12 月現在)。


日本発の宇宙通信ベンチャー、インフォステラ。人工衛星ビジネスの常識を大きく変えると話題の注目サービス「StellarStation」のバックエンドに GCP が採用されています。

StellarStation は、既存の地上局運営者から、アンテナ非稼働時の利用権を引き受け、それを必要とする人工衛星運用者にオンデマンドで提供することで、必要な地上局を、必要なだけ、リーズナブルに利用できるサービス。

地上局と利用企業の間は、Google Cloud Platform(GCP)のグローバル ネットワークで接続し、世界中どこからでも、必要な地域の地上局に接続し、受信した情報を引き出せるようにしています。

同サービスの開発を主導してきた Chief Architect アヌラグ アグラワルさんと Head of Platform Engineering 星 竜一さんは、GCP を選んだ理由を「マネージドな Kubernetes 環境、ハイ パフォーマンス、そしてグローバル ネットワークをセキュアに安価に構築できること」と話します。
2 人のエンジニアにお話をお伺いしたインタビュー動画をご覧ください。


株式会社インフォステラの導入事例 PDF はこちらをご覧ください。
その他の導入事例はこちらをご覧ください。