Google Cloud Platform

日本で 2 か所目、大阪 GCP リージョンの開設について

2016 年に東京 GCP リージョンの提供を開始して以来、日本を含めアジア太平洋地域の多くの企業の皆さまにとって、Google Cloud Platfom はクラウドでアプリケーションを構築する際の強力な選択肢となっています。このニーズにお応えすべく、Google では、日本で 2 か所目となる 大阪 GCP リージョンの開設を発表します。

大阪 GCP リージョンは、ムンバイ、シドニー、シンガポール、台湾、東京の既存リージョン、計画中の香港リージョンに加え、アジア太平洋地域で 7 番目のリージョンです。これにより、世界全体での既存及び建設中の GCP リージョン数は 19 になりました。今後も、Google ではさらなるクラウド拠点の開設を予定しています。

osakaimage

大阪リージョンは 2019 年にサービス開始を予定しています。日本に拠点を置く多くの企業において、低レイテンシで、可用性の高いハイパフォーマンスなアプリケーションを容易に構築できるようになり、クラウドベースの作業が迅速に行えるようになります。大阪 GCP リージョンは高可用性を担保し、サービスの停止を避けるために 3 つのゾーンを用意しています。

大阪 GCP リージョンに皆さんをお迎えする日を、そして皆さんの様々なサービスや製品がこのプラットフォームを活用して成功を収められることを楽しみにしています。クラウドのロケーションページでは、提供するサービスやリージョンについての最新情報を提供しています。新規リージョンへの早期アクセスを希望される場合には、こちらのフォームからご連絡ください。