Google Cloud Platform

Google Cloud Shell の 10 の知っておくと便利な Tips

blogimage_201911Cloud Shell.jpg

GCPの Cloud Shell がどんどん進化してます。この環境上で開発もできてしまうくらい、あらゆる事が実現できるようになってきましたが、みなさんは、全て知っているでしょうか?ここでは、知っておくと便利な 10 の Tips を取り上げ説明します。 

1. Eclipse Orion ベースの UI
GCP Cloud Shell がどんどん利用しやすくなっています。[エディタを立ち上げる] ボタンをクリックするとオープンソースの Eclipse Orion を利用した UI が表示されます。

Blog02-01.png
2. Tmux への対応

Cloud Shell は Tmux に対応しているので、例えば、 Ctrl + b キーを押してから % キーを押すと、tmux により現在のセッション ウィンドウが左と右のペインに分割されます。解除は x、移動は o で可能です。

Blog02-02.png

3. 5G 無料ストレージ
$HOME ディレクトリ下に無料で使える 5 GBの永続ディスク ストレージが付いています。 

4. ファイルのアップロードと、ダウンロード

Cloud Shell メニューの [ファイルのアップロード] をクリックして、ローカルのファイルを選択するとファイルのアップロードが可能です。

また、 [ファイルのダウンロード] をクリックすると、Cloud Shell 環境からファイルをダウンロードできます。下記のようにダウンロードしたいファイルの絶対パスを調べてダウンロードしてください。

  ~$ ls -d /home/kkitase/*
/home/kkitase/handson                                 
/home/kkitase/nodejs-getting-started
/home/kkitase/handson.zip

5. 制限事項

Cloud Shell には、週 60 時間の使用権限があります。上限に達した場合は、しばらく待機してから、Cloud Shell の使用を再開する必要があります。また、Cloud Shell に 120 日間アクセスしないと、ホームディスクが削除されてしまいます。 

6. Cloud Shell VM の Zone

Cloud Shell VM の Zone を選択することができません。自動的に作成されます。ただし、どの Zone にデプロイされているかを知ることは、下記のコマンドでできます。

  curl metadata/computeMetadata/v1/instance/zone
7. カスタムイメージの作成

カスタム Cloud Shell イメージが作成できます。

Blog02-04.png
8. Markdown 形式のチュートリアルの起動

Cloud Shell では、Markdown ファイルのテキストを解析して、H2(##) タグをステップとH3(###) をサブステップとして、チュートリアルを作成することができます。Cloud Shell セッションで、下記のコマンドを実行して、Markdown ファイル (例 tutorial.md) からチュートリアルを起動することができます。この動画がとてもわかりやすいです。

  cloudshell launch-tutorial tutorial.md
Blog02-03.png

9. ブーストモード

Cloud Shell の仮想マシンタイプは、g1-small (vCPU 0.5, RAM: 1.70G) です。下記のようなソフトウェアに加え、pip, docker などの基本的なツールがデフォルトでインストールされています。また、言語も Go, Java, Python を始めとした環境が揃っています。

ブーストモードにすることにより、24 時間 n1-standard-1 (vCPU: 1, Ram: 3.75G) にアップグレードすることができます。ブースモードは、[Cloud Shell をブーストする] を選択すると有効になります。
  ~$ gcloud version
Google Cloud SDK 271.0.0
alpha 2019.05.17
app-engine-go
app-engine-java 1.9.77
app-engine-php " "
app-engine-python 1.9.87
app-engine-python-extras 1.9.87
beta 2019.05.17
bq 2.0.50
cbt
cloud-build-local
cloud-datastore-emulator 2.1.0
cloud_sql_proxy
core 2019.11.08
datalab 20190610
docker-credential-gcr
gsutil 4.46
kubectl 2019.11.04
pubsub-emulator 2019.09.27

10. Cloud Shell をデフォルトの状態にリセットするには

  a. 下記のコマンドで、ホーム ディレクトリの個人ファイルを確認し、削除します。

  ls -a $HOME
sudo rm -rf $HOME

  b. Cloud Shell メニューの [さらに表示] で、[再起動] をクリックします。

  c. 確認ダイアログで [再起動] をクリックします。