Google Cloud Platform

月刊 Google Cloud Platform ニュース / 2017 年 2 月

Posted by 福田 潔(Google Cloud カスタマーエンジニア)

先月( 2017 年 2 月)に発表された Google Cloud Platform(GCP) 関連のニュースをブログ記事から振り返ります。年次のグローバルイベント、Google Cloud Next ‘17 を来週(3月8日から10日)に控えておりますが、それに先立って、Cloud Spanner がパブリックベータとして公開されました。

[新製品, 新機能]

Cloud Spanner の登場により、それぞれメリットデメリットを持つ RDB なのか NoSQL なのかという二者択一ではなく、新しい選択肢が提供されます。Cloud Spanner は NoSQL データベースと同様のパフォーマンスと水平方向のスケーラビリティを持ちながら、RDBのようにSQLで一貫性をもったデータ操作が可能です。Cloud Spanner はこちらから Quickstart を試すことができます。

[顧客事例]

オンプレミスや他クラウドの既存システムを活かしつつ、「Google が得意としている大規模なデータ処理」をGCPで実現する GMO アドマーケティング株式会社 の事例が紹介されています。BigQuery や AppEngine といったGCPならではのマネージドサービスを有効活用している点にも注目です。

[ソリューション]

新たに GCP に移行しようとするお客様に向けたガイドが公開されています。なぜ GCP に移るべきなのか、そして GCP を習得するために必要なコンセプトが分かりやすく説明されています。

[パートナー関連]

[その他]

CRE(Customer Reliability Engineer)のブログシリーズには思慮深いポストが多く含まれています。我々がお客様とお話をしていると、あるシステムにおいて可用性が正しく定義できていない、あるいは実現が著しく困難(と思われる)盲目的な定義に従おうとしているケースが多く見受けられます。どのようにしたら正しい可用性を定義できるのか に関するポスト、一読する価値があります。

いよいよ来週は Google Cloud Next ‘17 が開催されます。新製品、お客様事例、ベストプラクティスを含む 200 以上のテクニカルセッションが行われます。こちらのブログでも新しいトピックを随時アップデートしますので楽しみにしていてください。