顧客事例

株式会社マイナビ:大学生向けキャリア支援メディアを Google Cloud でリプレイス。拡張性・可用性・利便性の向上実現

JP-Mynavi-Hero

株式会社マイナビ(以下、マイナビ)では、大学生を対象に「考え方をストックし、自分のキャリアを考える場所」を提供する キャリア支援メディア『MY FUTURE CAMPUS(以下、MFC)』のインフラを Google Cloud に移行しました。このプロジェクトについて、マイナビの担当者、およびシステム構築をサポートした株式会社トップゲート(以下、トップゲート)の担当者に話を伺いました。

利用している Google Cloud サービス:App EngineCloud FunctionsCloud Pub/SubCloud StorageOperations(旧称 Stackdriver)

将来的な BigQuery 活用も視野に入れ Google Cloud を選定

MFC は、主に大学 1 年生、2 年生を対象とした「自分自身のキャリアを考える」ためのプラットフォームです。MFC 編集部の独自企画や、 MFC とさまざまな企業がコラボして企画したイベント、コンテスト、コラムなどを提供。知識を身につけ、考え方の幅を広げたり、チャレンジしたりすることで、将来歩むべき方向を探す、もう 1 つのキャンパスとして 2013 年よりサービスを提供しています。

マイナビ 就職情報事業本部 企画広報統括本部 学修支援開発統括部 企画開発部 企画編集課の加藤雅樹さんは、「MFC は、個人参加が基本ですが、大学としての参加も増えています。個人向けに就職情報を提供しているサービスはほかにもありますが、就職活動とは別の切り口からキャリアを考えることができ、大学の授業などに採用されていることは他社のサービスにはない強みです。Google と一緒に“課題解決プロジェクト”も実施しています」と語ります。 

MFC を運用するインフラは、当初は静的な HTML でエントリーデータを収集するためのインタフェースを作成し、収集した情報を SaaS の CRM で管理する仕組みを構築していました。しかし汎用性に問題があり、変化に迅速かつ柔軟に対応することができませんでした。また大学の授業の一環としてサービスを提供するときにスパイクが発生することも課題でした。 

さらに大学内で実施される会員登録時に、仮登録のメールがすぐに届かないために、スムーズな会員登録ができなかったことも課題の 1 つでした。マイナビ HR システム事業部 事業推進システム統括部 システム推進部商用システム課 課長の箕山雄二さんは、「メールの配信を効率的に行うためのアプリケーションで、並列処理がうまく機能していなかったのがメール配信の遅延の原因でした」と話します。 

課題解決に向け、MFC のインフラを Google Cloud にリプレイスすることを決定します。

「いくつかのクラウドサービスを検討して、可用性や耐障害性、拡張性、利便性の向上という観点で Google Cloud の採用を決めました。将来的にデータ解析で BigQuery、および Google アナリティクス 360 を使いたかったことも Google Cloud を選定した理由でした。」(箕山さん)

Google Cloud 導入のハードルを下げたパートナーのサポート

今回、MFC のインフラを Google Cloud で構築したのは、Google Cloud パートナーであるトップゲートです。トップゲートでは、2017 年より Google Cloud の支払い代行サービスをマイナビに提供していた実績もあり、MFC のインフラ構築パートナーに選定されました。リプレイスの検討を2018 年 1 月から、要件定義を 8 月から開始し、2019 年 7 月、Google Cloud の上で MFC の運用をスタートさせています。 

ウェブアプリケーション プラットフォームには、App Engine によるサーバーレス構成を採用。Cloud Functions や Cloud Pub/Sub でイベント処理を実現しています。トップゲート Specialty Division Tech Club の原隆太さんは、「スパイクやメール送信の遅延が課題だったので、拡張性、可用性の高いサーバーレス構成を大前提としました。運用の手間やコスト低減も目的の 1 つでした」と話します。 

システム構築において工夫した点としては、可能な限りサービス単位で App Engine をデプロイすることでマイクロサービス ライクな仕組みを実現したこと。動作のレイテンシーを考慮して、非同期処理にできるものは非同期処理にするなどの工夫も施されています。原さんは、「パフォーマンスや使い勝手の向上を目的に、アーキテクチャの細かな改善も実施しています」と話します。

トップゲート Specialty Division Solution Sales の森田大介さんは、「MFC が広く利用されるサービスであることを受けて、例えば、自身のキャリア形成に興味を持ち始めたばかりの学生から、早い段階からアンテナを張っている学生、知識が豊富な学生の要望にも応えられるような豊富なサービスの提供に耐えられるインフラを目指しました。マイナビ様から課題をヒアリングして、App Engine であれば解決できるという提案をさせてもらいました。特に旧システムからの移行後の負荷への懸念を払拭していただくため、小規模イベントから開催し検証・分析しました。結果として大規模イベントでも App Engine の標準性能で十分に耐えられることを示すデータが得られ、負荷試験のコストカットにもつながりました」と話します。 

トップゲートのサポートについて加藤さんは、次のように語ります。「プロジェクトがスタートした時点で、マイナビ側に Google Cloud の知見がなかったので、トップゲートのサポートに関しては非常に高く評価しています。技術的な知識はもちろん、ビジネス側にも分かりやすく説明してもらえたので、Google Cloud を導入するハードルを下げることができました。よい連携ができたというのが率直な感想です。」

今後の新しい案件にも Google Cloud の横展開を検討

MFC のインフラを Google Cloud に移行したことで、可用性や耐障害性、拡張性、利便性を向上させるという、当初の目的は達成されました。可用性、および耐障害性に関して加藤さんは、「今回のリプレイスのきっかけでもありますが、事業部全体として会員を獲得するという方針で、今まで以上に会員獲得へ注力することになったため、会員登録の負荷が増えることが予想されましたが、スパイクも発生せず、問題なく会員登録ができるので安心感があります」と話します。 

拡張性に関しても、メール配信アプリの並列処理の問題が解決したことで、送信が格段に速くなっています。また利便性において App Engine は、Blue-Green デプロイが容易にできるので、新しいサービスを迅速に提供できるようになりました。さらに Cloud Storage により、大容量ファイルのアップロードが高速になり、安定性も増加。会員が容易にコンテストの提出物を管理できるようになっています。 

マイナビ HR システム事業部 事業推進システム統括部 システム推進部商用システム課の小寺貴之さんは、「Google Cloud はインタフェースが優れていて、初めてでも直感的に使えるところが便利です。システム的にも、必要十分な機能が搭載されたクラウドサービスだと思います」と話します。 

また、Operations(旧称 Stackdriver)を使うことで、特別な設定なしにシステムを監視できるので、運用の負荷が大幅に軽減されていると言います。「Operations は、システムに問題が発生すればアラートが配信されるし、状況がグラフィカルに表示されるので便利です。」(加藤さん) 

そのほか Google Cloud のサポートについて箕山さんは、次のように話します。「プロジェクトが始まってすぐに Google Cloud の初歩的なハンズオン セミナーに参加しましたが、Google Cloud のベースを理解する上で非常に役立ちました。」 

今後の取り組みについて加藤さんは、「今後は、BigQuery を使ったデータ解析を本格的に実施していく計画です。BigQuery と Google アナリティクス 360 を有効活用することで、最適なイベントを、最適な会員に提供することが期待できます。将来的には、会員が参加したイベントで得た経験を、就職活動に生かすことができる新たな提案、サービスの提供を目指しています」と話しています。

JP-Mynavi-Logo
JP-Mynavi-Photo

(写真右から)

株式会社マイナビ
・就職情報事業本部 企画広報統括本部 学修支援開発統括部 企画開発部 企画編集課
 加藤 雅樹 氏
・HR システム事業部 事業推進システム統括部 システム推進部商用システム課
 小寺 貴之 氏
・HR システム事業部 事業推進システム統括部 システム推進部商用システム課
 課長 箕山 雄二 氏

株式会社トップゲート
・取締役技術顧問 加藤 一由樹 氏
・Specialty Division Solution Sales 森田 大介 氏
・Specialty Division Tech Club 原 隆太 氏


株式会社マイナビ
多様な事業領域でユーザーの日常・人生をサポートする総合情報サービス企業。主力事業である人材ビジネス領域においては、就職、転職、アルバイト等を中心とした情報サービスや人材紹介事業を展開。また、進学、ウエディング、ニュース、農業など、多数の生活情報メディアを運営しており、人と企業に情熱を持って向き合い、ユーザー動向やトレンドにあわせた情報を発信している。 

株式会社トップゲート
(Google Cloud パートナー)


その他の導入事例はこちらをご覧ください。