Google Maps Platform

コラボレーション開始 15 周年: Google Maps Platform の新機能と今後の展開

15thAnniversaryHeader

※この投稿は米国時間 2020 年 6 月 16 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

Google Maps API をリリースしたのは 15 年前の 6 月、つまり 2005 年に Google マップのウェブサイトを公開してからわずか数か月後のことでした。デベロッパーが特定のデータセットと Google マップを組み合わせて結果の地図とデータをウェブサイトで公開する、Google マップのいわゆる「マッシュアップ」が爆発的に急増しました。今では取るに足りないことかもしれませんが、Maps API によってプロジェクトやビジネスの成長、新規産業の出現、既存産業の変革のきっかけになったというご意見がすぐに寄せられました。また、楽しい試みもこれまで行われてきました。

今や Google Maps Platform はサイトやアプリに地図を追加する機会を提供するだけにとどまりません。歴史が最も長く、規模が最も大きい Google デベロッパー コミュニティの一つに機能を提供し、あらゆる規模の企業の 500 万以上のプロジェクトをサポートして、世界中の革新的なパートナーのエコシステムに貢献しています。デベロッパー、お客様、パートナーの皆様のコミュニティとの 15 年間にわたるコラボレーションを振り返ると、すばらしい経験をさせていただきました。皆様なしでは成し得ないことでした。 

Google Maps Platform チーム全体を代表して、皆様と経験を分かち合えていることに感謝申し上げます。これからはコラボレーションの次の段階に着手し、皆様とご自身の顧客や産業に合わせてイノベーションを推進していただけるように取り組みを深めてまいります。本日の発表は、現在、今後 15 年、またそれ以降に皆様が必要とするものを提供するための第一歩です。

状況に合った利用を強化

Google はサービスの機能を拡張し、皆様がより状況に沿った体験を顧客に提供できるようにしていきます。まず、皆様からのフィードバックを基に新しいマップ カスタマイズ機能を導入します。各機能はクラウドから地図のスタイルを管理し、より豊富なコンテキストを地図上でエンドユーザーに提供できます。こうした機能を組み合わせると、地図に表示されるスポットの数と種類、コードを変更せずに地図を更新する柔軟性、すべてのプラットフォームとデバイスでほぼリアルタイムで地図を更新する一貫性についてより詳細に制御できます。

また、Google のマップ、ルート、プレイスの情報をまとめあげ、豊富なローカル情報を地図に簡単に追加できるようになったため、ユーザーは予約するホテルや見学する物件などを自信を持って決められるようになります。ローカル コンテキストは付近の場所の正確な詳細を表示することにより、ユーザーがウェブアプリやサイトから離れずに評価、クチコミ、写真、ルートを確認できるようにするサービスで、簡単にご利用を始めていただけます。さらに、ビジネスニーズやブランドに合わせてカスタマイズ可能です。

マップのカスタマイズ機能が地図をカスタマイズ、更新する新しい方法をご提供する一方で、ローカル コンテキストはマップ機能をプレイスやルートと組み合わせることにより、ユーザーの期待を上回る状況に即した体験を簡単に構築していただけます。 

業種別ソリューションの展開

この 2 年間、一部のゲームスタジオと協力し、現実世界の情報をモバイルゲームに取り入れてきました。本日より、初めてのゲーム業界向けソリューションが一般提供となりました。位置情報に基づく没入型体験によって、ビジネスで何ができるか検討しているゲームスタジオや独立したゲーム デベロッパーなど、どなたでも利用可能です。今後も業界向けソリューションへの投資を続け、徐々により多くの業界にサービスを提供できるように展開してまいります。今後の発表をお待ちください。

デベロッパー向けのツールとリソースを拡充

Google はデベロッパーがより迅速かつ簡単にソリューションを構築できるように、ツールとリソースの改善を図っています。Android については、新しいオープンソースの Kotlin 拡張機能ライブラリの v1 を最近リリースし、Kotlin ファーストを実践している Android デベロッパーのサポートを改善しました。iOS については、Carthage を使用した Maps SDK for iOS と iOS ユーティリティ ライブラリの配布を開始しました。これらは Kotlin、Swift、JavaScript のデベロッパーのサポートを改善するために今年計画した最初の内容にすぎません。Google Maps Platform を初めて使用される方のために、JavaScriptAndroidiOS 向けのマップ利用に役立つ新しいビギナーレベルの Codelab を公開しました。

今後 15 年、またそれ以降も引き続き皆様から学び、考えられる最高の Google Maps Platform エクスペリエンスをお届けできるよう努めます。また、データの品質と、運用と成功に不可欠な信頼性の高いサービスを確保すべく取り組んでまいります。次の 15 年間も共に歩んでいけるよう、これからもデベロッパー エクスペリエンスを改善する新しい方法を見つけ、フィードバックを共有するチャネルを作成していきます。

 最新のお知らせについて詳しくは、こちらをご覧ください。Google Maps Platform の 15 年間のコラボレーションを振り返ることができます。Google Maps Platform とデベロッパー コミュニティの最新情報につきましては、Twitter と YouTube でも発信していますので、フォローまたはチャンネル登録をお願いいたします。

今一度皆様のご利用とご協力に感謝を申し上げます。皆様が構築されるソリューションを楽しみにしております。

- By Google Maps Platform バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャー Gayathri Rajan