Google Cloud Platform

Cloud OnAir 番組レポート : Cloud Bigtable に迫る、基本機能も含めユースケースまで丸ごと紹介

Cloud OnAir は、Google Cloud の製品をわかりやすく解説し、最新の情報などをいち早く皆様にお伝えする Online LIVE 番組です。

今回は、「BigQuery の仕組みからベストプラクティスまでのご紹介」と題して、Cloud Bigtable の基本機能からユースケースに合わせた使い方をご紹介し、Bigtable の魅力をお伝えします。

Cloud Bigtable とは

Google Cloud Platform にはいくつかのデータベースソリューションがあり、その 1 つが Cloud Bigtable です。Cloud Bigtable は Google のコアサービスを支える大規模分散 NoSQL データベースサービスであり、スケーラブル、低レンテンシー、高スループット、フルマネージドという特徴があります。その得意とする領域は低レイテンシーが求められる大容量データの読み書きが必要なケースです。例えば、購入履歴や顧客の好みなどのマーケティングデータ、取引履歴や株価といった金融データ、IoT データなどがあります。

Cloud Bigtable のアーキテクチャ

番組では、Cloud Bigtable の本質を探るため、アーキテクチャ、特徴的な機能について解説します。さらに、実際に利用する上で特に重要なスキーマ設計について注意すべき点を学びます。リレーショナルデータベースのスキーマ設計と異なる点が多々ありますので、確認すべきポイントや Cloud Bigtable を上手に活用するヒントを詳しく解説します。

ユースケースとお客様事例

IoT 分野におけるユースケースを紹介します。インテリジェント電力メーターから収集される計測データを蓄積し、閲覧するというものです。実際にどのようなスキーマとするかなどを解説します。さらに、お客様事例として株式会社プレイドの牧野祐己様、竹村尚彦様をお招きし、ウェブサイトやスマートフォンアプリの顧客行動や経験、感情の変化をリアルタイムに解析・可視化する KARTE というサービスについて詳しくお話いただきました。毎秒 22,000 イベント、1 日あたり 10 億イベントという膨大なデータを処理する仕組みがどのようになっているのか、Cloud Bigtable がどのように利用されているか、その細部をご覧いただけます。

onair21

番組で説明した資料はこちらで公開しています。

cloud-onair-bigtable-2018830-1-638.jpg

Cloud OnAir では、各回 Google Cloud のエンジニアがトピックを設け、Google Cloud の最新情報を解説しています。過去の番組、説明資料、さらには視聴者からの質問と回答はこちらよりご覧いただけます。 最新の情報を得るためにもまずはご登録をお願いします。