クラウド コンピューティングの概要

クラウド コンピューティングの場合、データセンターの構築や維持に投資する代わりに、クラウド「プロバイダ」から提供される柔軟でユーティリティのようなサービスという形で IT リソースを消費します。このようなサービスには、ストレージ、コンピューティング、ネットワーキング、データ処理、分析、アプリケーション開発、機械学習、フルマネージド サービスなどがあります。

かつてクラウド コンピューティングは、新興企業や先見の明のあるアグレッシブな企業ユーザーのためのものと見なされていましたが、今日ではあらゆる業界、あらゆる種類 / 規模の組織でエンタープライズ コンピューティングのメインストリームになっています。

クラウド コンピューティングのメリット

クラウド コンピューティングはイノベーション、そしてビジネス経済全体に大きな影響を与えています。これにより先進的な組織は柔軟性を向上させ、コストを削減し、コア コンピタンスに注力する機会を得るだけでなく、組織の運用方法を完全に変えることができます。たとえば社内ワークフローやお客様とのやり取りを再設計して、データセンターからモバイル デバイスに達するデジタル エクスペリエンスとして変革することができます。

クラウド コンピューティングには、ビジネスにおいて具体的に次のようなメリットがあります。

  • リソースを「従量制」ベースで購入して使用でき、必要に応じて増減することで最適利用できます。
  • 資本経費を運用経費に転換できます。
  • クラウドのお客様は迅速なイノベーションに注意を集中でき、ハードウェア調達やインフラストラクチャ管理にかかる費用や複雑さから解放されます。
  • 個人用デバイスでソフトウェアをインストール、設定、アップグレードする必要はなく、どこからでもサービスにアクセスできるので、エンドユーザーの生産性も向上するでしょう。
  • 「垂直統合」スタックがすべてのレベルでカスタマイズされるので、インフラストラクチャの機能性、パフォーマンス、信頼性、セキュリティが改善する可能性が大いにあります。これは既製のコンポーネントから構築されたオンプレミス デプロイでは決して実現できません。

クラウド コンピューティングは既存のインフラストラクチャと連携できますか?

完全なデジタル変革の一環としてインフラストラクチャ全体をクラウドに「リフト&シフト」した企業もありますが、ほとんどの企業はハイブリッド環境を想定した段階的アプローチを選びます。したがって、お客様のクラウド プロバイダが標準的なコネクタやインターフェースを介してオンプレミス システムとの統合をサポートすることが重要です。さらに、お客様のアプリケーションを(オンプレミスまたはクラウドベースの)他のプラットフォームに移植できるようにするオープン フレームワークと API も重要です。

クラウド移行の最初のユースケースとして、どんなものが適切ですか?

クラウド移行の段階的なアプローチを採用する組織にとって、スタートを成功させるための良い機会となるユースケースがいくつかあります。

  • 障害復旧(DR):データセンターの冗長性維持は高コストになる場合があります。代わりに、冗長データをパブリック クラウドに保存し、DR プロセスの管理用の特別なツールを一緒に使用すると、コスト効率が向上する可能性があります。
  • テスト / 開発用にオンプレミス リソースをレプリケートする代わりに、パブリック クラウド インフラストラクチャを開発/テスト環境で使用すると、かなりの投資が不要になります。
  • マネージド サービス: コラボレーション アプリ(G Suite など)、データ分析(Google BigQuery など)、そして機械学習(Google Cloud ML Engine など)をサービスとして利用できるようになりました。これらは、インフラストラクチャ全体をクラウドに移行する前段階としてオンプレミス システムを補完します。
  • データ アーカイブ: パブリック クラウドは、大規模かつ費用対効果に優れたデータ ストレージとなります。
  • 特別なコンピューティング処理を必要とするワークロード: 一時的、またはアドホック ベースで大規模な処理能力が必要になったとき、クラウドは効率的な選択肢です。

ユースケースを見定めた後は、望ましいストレージ方法を特定し、コストをモデル化して、セルフサービスとベンダー サポートのどちらの方法でデータを移行するかを決定してください。

クラウド コンピューティングの今後

初期のクラウド コンピューティングは、より柔軟、よりコスト効率良く IT インフラストラクチャを運用することを基礎としていました。しかしクラウド コンピューティングの次の波では、そのようなインフラストラクチャの存在を完全に忘れて(いわゆるサーバーレス コンピューティング)、全面的なデジタルビジネス変革を可能にします。

詳細: