Cloud VPN ゲートウェイの削除

必要な権限

Cloud VPN ゲートウェイを削除できるのは、プロジェクトのオーナーと編集者、ネットワーク管理者の役割を持つ IAM メンバーです。Cloud VPN ゲートウェイを削除するには、まず関連付けられたすべてのトンネルを削除する必要があります。

VPN ゲートウェイの削除

既存の Cloud VPN ゲートウェイを削除する手順は、次のとおりです。

Console


  1. [VPN ゲートウェイ] ページに移動します。
  2. 削除する VPN ゲートウェイの名前をクリックします。
  3. VPN ゲートウェイの詳細ページの [トンネル] セクションで、既存のすべてのトンネルを削除します。
  4. 同じページの上部にある [削除] をクリックします。
  5. 確認が求められたら、もう一度 [削除] をクリックします。

gcloud


次のコマンドでは、[PROJECT_ID] をプロジェクトの ID に置き換えます。

  1. 削除する VPN ゲートウェイの名前リージョンを特定します。次のコマンドを使用すると、すべての VPN ゲートウェイを一覧表示できます。削除する VPN ゲートウェイを特定したら、以降の手順の [NAME][REGION] をそのゲートウェイの名前とリージョンに置き換えます。

        gcloud compute target-vpn-gateways list --project [PROJECT_ID]
      

  2. 削除する VPN ゲートウェイに、削除が必要な VPN トンネルがあるか確認します。次のコマンドを使用して、VPN ゲートウェイに関連付けられたすべてのトンネルを一覧表示します。

        gcloud compute target-vpn-gateways describe [NAME] 
    --region [REGION]
    --project [PROJECT_ID]
    --format='flattened(tunnels)'

  3. 既存の各トンネルを削除します

  4. ターゲット VPN ゲートウェイに関連付けられた 3 つの転送ルールの名前を特定します。

        gcloud compute target-vpn-gateways describe [NAME] 
    --region [REGION]
    --project [PROJECT_ID]
    --format='flattened(forwardingRules)'

  5. 特定した転送ルールを削除します。[FR_NAME] を各転送ルールの名前に置き換えて、次のコマンドを繰り返します。

        gcloud compute forwarding-rules delete [FR_NAME] 
    --region [REGION]
    --project [PROJECT_ID]

  6. ターゲット VPN ゲートウェイを削除します。

        gcloud compute target-vpn-gateways delete [NAME] 
    --region [REGION]
    --project [PROJECT_ID]

VPN ゲートウェイを削除したら、次の操作を行うことを検討してください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...