限定公開の Google アクセス

内部 IP アドレスしか持たない VM インスタンス(外部 IP アドレスなし)は、限定公開の Google アクセスを使用して、Google API とサービスの外部 IP アドレスにアクセスできます。パケットの送信元 IP アドレスは、ネットワーク インターフェースのプライマリ内部 IP アドレスか、インターフェースに割り当てられたエイリアス IP 範囲です。限定公開の Google アクセスを無効にすると、それらの VM インスタンスは Google API とサービスにアクセスできなくなり、VPC ネットワーク内でのみトラフィックを送信できます。

限定公開の Google アクセスは外部 IP アドレスを持つインスタンスには影響しません。外部 IP アドレスを持つインスタンスは、インターネット アクセス要件に従ってインターネットにアクセスできます。Google API とサービスの外部 IP アドレスにリクエストを送信するための特別な構成は必要ありません。

サブネットごとに限定公開の Google アクセスを有効にします。これは VPC ネットワークのサブネットの設定です。限定公開の Google アクセスのサブネットを有効にして要件を表示するには、限定公開の Google アクセスの構成をご覧ください。

サポート対象のサービス

限定公開の Google アクセスでは、Cloud と Developer の API、およびほとんどの Google Cloud サービスにアクセスできますが、以下のサービスは例外です。

  • App Engine Memcache
  • Filestore
  • Memorystore

プライベート サービス アクセスでは、これらのサービスがサポートされる場合があります。

次の図に、限定公開の Google アクセスの実装を示します。

限定公開の Google アクセスの実装(クリックで拡大)

VPC ネットワークは、Google API とサービスに関する DNS、ルーティング、ファイアウォール ネットワークの要件を満たすように構成されています。限定公開の Google アクセスは subnet-a では有効になっていますが、subnet-b では有効になっていません。

  • VM A1 は Google API とサービス(Cloud Storage を含む)にアクセスできます。これは、このネットワーク インターフェースが subnet-a にあり、このサブネットで限定公開の Google アクセスが有効になっているためです。このインスタンスは内部 IP アドレスしか持っていないため、限定公開の Google アクセスが適用されます。

  • VM B1 は、内部 IP アドレスしか持たず、subnet-b では限定公開の Google アクセスが無効になっているため、Google API とサービスにアクセスできません

  • VM A2VM B2 はそれぞれ外部 IP アドレスを持っているため、どちらも Cloud Storage を含む Google API とサービスにアクセスできます。限定公開の Google アクセスは、これらのインスタンスが Google API とサービスにアクセスできるかどうかに影響を与えません。これは、どちらも外部 IP アドレスを持っているためです。

次のステップ