コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

サブネットの作成

Google Cloud VMware Engine はプライベート クラウドごとにネットワークを作成し、ネットワーク管理に VLAN を使用します。ワークロード仮想マシン(VM)の場合は、プライベート クラウド用の NSX-T Manager でネットワーク セグメントを作成する必要があります。NSX-T Manager で作成されたネットワーク セグメントは、VMware Engine には表示されません。

VMware Engine ポータルから NSX-T Manager にアクセスする

サブネットの作成プロセスは、VMware Engine を使用してアクセスする NSX-T で実施されます。

  1. VMware Engine ポータルにアクセスします
  2. メイン ナビゲーションから [Resources] に移動します。
  3. サブネットを作成するプライベート クラウドに対応する [Private cloud name] をクリックします。
  4. プライベート クラウドの詳細ページで、[vSphere Management Network] タブをクリックします。
  5. NSX Manager に対応する [FQDN] をクリックします。
  6. プロンプトが表示されたら、ログイン認証情報を入力します。なお、プライベート クラウドの詳細ページから生成された認証情報を取得することもできます。

NSX-T を設定して ID ソース(Active Directory など)を使用している場合は、代わりに ID ソースの認証情報を使用します。

NSX-T でワークロード ネットワーク セグメントを作成する

ワークロード VM の場合は、プライベート クラウド用の NSX-T ネットワーク セグメントとしてサブネットを作成します。

  1. NSX-T で、[Networking] > [Segments] の順に移動します。
  2. [Add Segment] をクリックします。
  3. [Segment Name] フィールドにセグメントの名前を入力します。
  4. [Connected Gateway] リストで、[Tier1] を選択して、Tier-1 ゲートウェイに接続します。
  5. [Transport zone] リストで、[TZ-OVERLAY | Overlay] を選択します。
  6. [Subnets] 列に、サブネット範囲を入力します。サブネット範囲には、.1 を最後のオクテットとして指定します。例: 10.12.2.1/24
  7. [Set DHCP Config] をクリックし、[DHCP Ranges] フィールドの値を指定します。
  8. [Apply] をクリックして DHCP の構成を保存します。
  9. [Save] をクリックします。これで、VM の作成時に、vCenter でこのネットワーク セグメントを選択できるようになりました。

特定のリージョンでは、プライベート サービス アクセスを使用して、VMware Engine から VPC ネットワークへの一意のルートを最大で 100 までアドバタイズできます。たとえば、これらの一意のルートには、プライベート クラウド管理 IP アドレス範囲、NSX-T ワークロード ネットワーク セグメント、HCX ネットワーク IP アドレス範囲が含まれます。このルートの上限は、リージョン内のすべてのプライベート クラウドを含み、Cloud Router の学習したルートの上限に対応します。

ルーティングの上限については、Cloud Router の割り当てと上限をご覧ください。

次のステップ