REST リソース: projects.locations.products.referenceImages

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リソース: ReferenceImage

ReferenceImage は、商品画像とそれに関連するメタデータ(境界ボックスなど)を表します。

JSON 表現

{
  "name": string,
  "uri": string,
  "boundingPolys": [
    {
      object(BoundingPoly)
    }
  ]
}
フィールド
name

string

参照画像のリソース名。

形式:

projects/PROJECT_ID/locations/LOC_ID/products/PRODUCT_ID/referenceImages/IMAGE_ID

参照画像を作成する場合、このフィールドは無視されます。

uri

string

参照画像の Google Cloud Storage URI。

URI は、gs:// で始める必要があります。

必須。

boundingPolys[]

object(BoundingPoly)

参照画像内の関心領域を囲む境界ポリゴン。省略可。このフィールドが空の場合、システムは関心領域の検出を試みます。境界ポリゴンは、最大 10 個使用されます。

指定したシェイプは、回転しない長方形に変換されます。変換後、長方形の小さい端を 300 ピクセル以上にする必要があります。アスペクト比は 1:4 以下でなければなりません(1:3 は許容されますが、1:5 は許容されません)。

BoundingPoly

検出された画像アノテーションの境界ポリゴン。

JSON 表現

{
  "vertices": [
    {
      object(Vertex)
    }
  ],
  "normalizedVertices": [
    {
      object(NormalizedVertex)
    }
  ]
}
フィールド
vertices[]

object(Vertex)

境界ポリゴンの頂点。

normalizedVertices[]

object(NormalizedVertex)

境界ポリゴンの正規化された頂点。

Vertex

頂点は、画像上の 2D の点を表します。注: 頂点の座標は元の画像と同じスケールです。

JSON 表現

{
  "x": number,
  "y": number
}
フィールド
x

number

X 座標。

y

number

Y 座標。

NormalizedVertex

頂点は、画像上の 2D の点を表します。注: 正規化された頂点座標は、元の画像と相対しており、0~1 の範囲になります。

JSON 表現

{
  "x": number,
  "y": number
}
フィールド
x

number

X 座標。

y

number

Y 座標。

メソッド

create

新しい ReferenceImage リソースを作成して返します。

delete

参照画像を完全に削除します。

get

ReferenceImage に関連付けられた情報を取得します。

list

参照画像を一覧表示します。