顔検出

Video Intelligence API の顔検出機能は、動画内の顔を検出して以下を返します。

  • 指定されたリクエストに含まれるすべての動画について、顔が検出されたセグメント。

  • (省略可)顔が検出される動画フレームの領域を定義する境界ボックス。この機能を有効にするには、FaceDetectionConfigincludeBoundingBoxes フィールドを True に設定します。

  • 省略可: 検出された顔の属性。属性検出を有効にするには、FaceDetectionConfig 内の includeAttributes フィールドを True に設定します。(注: includeBoundingBoxesTrue に設定する必要があります)。DetectedAttribute もご覧ください。

    可能なブール属性:

属性 説明
headwear 帽子やスカーフなどをかぶっている。髪を留める小さなオブジェクト(ヘアピンなど)は含まれません。
frontal_gaze 単に両方の目が見えるのではなく、個人の目が直接カメラを見ているかどうか。
eyes_visible 両眼の強膜(白眼の部分)が見える。
glasses 顔と目にメガネをかけている。レンズが透明か色が付いている可能性がある。注: 他の方法(頭の上部や首の周りなど)で装着されたメガネは無視されます。
mouth_open 口を開いている。
smiling 微笑んでいる。

例については、顔検出をご覧ください。

Video Intelligence API ビジュアライザ

Video Intelligence API ビジュアライザをご覧いただき、この機能の動作をご確認ください。