REST リソース: projects.locations.datasets.annotationSpecs

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リソース: AnnotationSpec

アノテーションの定義。

JSON 表現

{
  "name": string,
  "displayName": string,
  "exampleCount": number
}
フィールド
name

string

出力のみ。アノテーション仕様のリソース名。形式は次のとおりです。

'projects/{project_id}/locations/{locationId}/datasets/{datasetId}/annotationSpecs/{annotationSpecId}'

displayName

string

必須。インターフェースに表示するアノテーション仕様の名前。名前は最長 32 文字で、ASCII ラテン文字の A~Z と a~z、アンダースコア(_)、ASCII 数字 0~9 のみを使用できます。

exampleCount

number

出力のみ。アノテーションによって明確にラベル付けされた親データセットに含まれるサンプルの数。

メソッド

get

アノテーション仕様を取得します。