Twitter が Google Cloud を採用

Twitter: Google Cloud に移行して世界規模のユーザーに対応

Twitter は、人々が情報を共有し、世界中で何が起きているか知ることができるように支援しています。人々が毎日ますますツイートするようになり、これらのツイートによって生成されるデータも増えていきます。

これによりストレージとコンピューティング能力がさらに必要になると Twitter は想定しました。大量のデータを 24 時間 365 日処理し続けるために、このソーシャル メディア プラットフォームは 300 ペタバイト以上のデータ ストレージをクラウドに移行することにしました。

この規模の移行が可能かどうかを判断するために、Twitter は厳格なクラウド評価プロセスを行いました。数か月にわたって詳細に分析した後、Twitter のエンジニアたちは Google Cloud が Twitter のニーズを最も満たすと判断しました。なぜなら、ストレージとコンピューティングの規模がそれぞれ独立する柔軟性を備え、同時に高速ネットワークにアクセスできるからです。

Google Cloud を利用することで、Twitter は新しいハイブリッド クラウド戦略に移行できました。Twitter の世界規模の Hadoop 環境に関する広範囲の評価プロセスに Google Cloud がどのように合格したか、NEXT '18 の次のトークでご確認ください。

動画を見る

ソリューション

移行センター

Google Cloud に移行すると、迅速かつ大規模なイノベーションを実現できます。

Google Cloud

使ってみる

実際に試す

初めて GCP プロジェクトをお試しいただくお客様には、$300 分のクレジットを進呈します。また、G Suite を 14 日間無料でご利用いただくこともできます。

大規模プロジェクトで支援を必要としているお客様

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築やお客様のニーズに合ったパートナーの選定をお手伝いいたします。