ビジネス ユーザー: ポストエディットのリクエスト

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

高度な階層ポータルを使用する場合、翻訳者グループを選択して、機械翻訳されたコンテンツをポストエディト用に送信できます。翻訳者グループとそのメンバーは、管理者が設定する必要があります。

また、最初の翻訳リクエストで翻訳メモリを選択した場合、編集中に行った編集はその翻訳メモリに保存されます。翻訳メモリを選択しなかった場合は、編集を保存できません。

始める前に

管理者が Cloud Console で翻訳者グループを作成している必要があります。詳しくは、管理者: ユーザーがポストエディットをリクエストできるようにするをご覧ください。

また、高度な階層ポータルを使用し、機械翻訳の処理が完了している必要があります。

ポストエディットのリクエスト

  1. ポータルにログインします。

  2. 翻訳のリストで、ポストエディット用に送信する翻訳の横にある [More] をクリックして、[Send for post-editing] を選択します。

    項目のステータスが「MT completed」でなければなりません。たとえば、編集済みの項目を再送することはできません。

  3. [Post-edit-edit] ダイアログで、翻訳者グループを選択します。

    翻訳のステータスが「Post-editing in progress」に変わります。グループ内のすべての翻訳者にリクエストが通知されます。最初に通知を開いた翻訳者がレビュー担当者になります。

    ステータスが「Post-editing complete」に変わると、ポストエディットのリクエストは完了です。

次のステップ