設定

Cloud Translation の使用を開始するには、Cloud Translation API が有効になっているプロジェクトと、認証済みの呼び出しを行うための認証情報が必要です。以下のセクションでは、Cloud Translation API への最初の呼び出しを行う前に設定を行う方法について説明します。

Cloud Translation は 2 つのエディションで利用できます。 クライアント ライブラリのインストールが異なるため、始める前にどのエディションを使用するかを決定してください。

設定プロセスには、Google Cloud Console が含まれています。これは、Google Cloud でシステムのプロビジョニング、構成、管理、モニタリングに使用できるウェブ インターフェースです。Google Cloud Console を使用したことがない場合は、Cloud Console ページで詳細を確認してください。

プロジェクトを作成または選択する

Google Cloud が提供するサービスを使用するには、プロジェクトを作成する必要があります。プロジェクトを使用して、すべての Google Cloud のリソースがまとめられます。 プロジェクトは、一連の共同編集者、有効化された API などのリソース、モニタリング ツール、お支払い情報、認証とアクセス制御で構成されます。1 つのプロジェクトを作成できるほか、複数のプロジェクトを作成してリソース階層内で Google Cloud リソースを構成することもできます。プロジェクトを作成する際は、プロジェクト ID をメモしてください。API 呼び出しを行うには、この ID が必要です。 プロジェクトの詳細については、Resource Manager ドキュメントをご覧ください。

実験、テスト、本番環境のそれぞれに個別のプロジェクトを作成することをおすすめします。プロジェクトを作成したら、プロジェクト番号または ID を記録します。Cloud Translation API を呼び出すときは、プロジェクト番号(または ID)を指定する必要があります。

Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

プロジェクト セレクタに移動

課金を有効にする

Cloud Translation を使用するには課金を有効にする必要があります。Cloud Translation の料金の詳細については、料金のページをご覧ください。

請求先アカウントは、特定のリソースセットに対して誰が支払うかを定義するために使用され、1 つ以上のプロジェクトにリンクできます。 プロジェクトの利用料金は、リンクされた請求先アカウントに請求されます。 ほとんどの場合、プロジェクトの作成時に請求情報を構成します。 詳細については、お支払いとご請求に関するドキュメントをご覧ください。

Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

API の有効化

プロジェクトで Cloud Translation API を有効にする必要があります。 API の有効化の詳細については、サービス使用状況のドキュメントをご覧ください。

Cloud Translation API を有効にします。

API を有効にする

使用量の割り当ての設定

Cloud Translation には、ユーザーと Google がサービスの使用量を管理するために役立つ割り当て管理システムが用意されています。デフォルトでは、1 日に送信できる文字数は無制限です。予算を設定している場合は、1 日の使用量をモニタリングし、予定した予算に応じて割り当てを調整することをおすすめします。

割り当ての詳細については、割り当てと上限をご覧ください。

認証を設定する

Cloud Translation API を使用する場合は、認証を設定する必要があります。 API を使用するクライアント アプリケーションは、認証の対象であり、リクエストされるリソースへのアクセス権が付与されている必要があります。このセクションでは、認証の重要なコンセプトと設定手順について説明します。詳細については、Google Cloud 認証の概要をご覧ください。

サービス アカウントと秘密鍵

認証には複数のオプションがありますが、認証とアクセス制御にサービス アカウントを使用することをおすすめします。サービス アカウントでは、エンドユーザーではなく、アプリケーションの認証情報が提供されます。サービス アカウントはプロジェクトで所有されます。プロジェクトに対して多数のサービス アカウントを作成できます。 詳細については、サービス アカウントについてをご覧ください。

サービス アカウントは、1 つまたは複数の公開鍵と秘密鍵のペアに関連付けられます。 新しい鍵ペアを作成すると、秘密鍵がダウンロードされます。秘密鍵は、API の呼び出し時に認証情報の生成に使用されます。 秘密鍵のセキュリティと、キーのローテーションなどの他の管理操作は、ユーザーの責任になります。

Identity and Access Management のロール

ID で API を呼び出す場合、Google Cloud では、その ID が適切な権限を持っている必要があります。権限を付与するには、サービス アカウントにロールを付与します。 詳細については、Identity and Access Management(IAM)のドキュメントをご覧ください。

サービス アカウントとキーの作成

サービス アカウントを作成します。

  1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントの作成] に移動
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。 Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

    [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

  4. [作成] をクリックします。
  5. [ロールを選択] フィールドをクリックします。

    [クイック アクセス] で [基本] をクリックし、[オーナー] をクリックします。

  6. [次へ] をクリックします。
  7. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

    ブラウザ ウィンドウを閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

サービス アカウント キーを作成します。

  1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
  2. [キー] をクリックします。
  3. [キーを追加] をクリックし、[新しいキーを作成] をクリックします。
  4. [CREATE] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
  5. [閉じる] をクリックします。

各ロールの詳細については、Cloud Translation - Advanced のロールをご覧ください。たとえば、サービス アカウントでテキストを翻訳できるようにするには、roles/cloudtranslate.user ロールを割り当てます。そのサービス アカウントに関連付けられているすべてのキーに同じ権限が設定されます。

環境でのサービス アカウント キー ファイルの使用

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/service-account-file.json"

Windows

PowerShell の場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\service-account-file.json"

コマンド プロンプトの場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=KEY_PATH

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

また、コード内の JSON ファイルを指定することもできます。詳細については、コードを使用して認証情報を渡すをご覧ください。

クライアント ライブラリのインストール

クライアント ライブラリは複数のよく使われている言語で利用できます。こうしたクライアント ライブラリを使用して Cloud Translation を呼び出すと、API へのアクセスが容易になるためおすすめします。

たとえばクライアント ライブラリを使用する場合、GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数によって、認証情報を暗黙的に判別できます。コードで認証情報を明示的に指定する必要はありません。詳細については、Cloud APIs ドキュメントのクライアント ライブラリの説明をご覧ください。

Cloud Translation - Basic クライアント ライブラリ

開発に使用しているプログラミング言語を選択し、関連するコマンドを実行します。詳細については、Cloud Translation - Basic のクライアント ライブラリの概要をご覧ください。

C#

nuget install Google.Cloud.Translation.V2

Go

go get -u cloud.google.com/go/translate

Java

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>20.3.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-translate</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:20.2.0')

compile 'com.google.cloud:google-cloud-translate'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-translate" % "1.97.1"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

Node.js 開発環境の設定の詳細については、Node.js 開発環境設定ガイドをご覧ください。

npm install --save @google-cloud/translate

PHP

composer require google/cloud-translate

Python

Python 開発環境の設定の詳細については、Python 開発環境設定ガイドをご覧ください。

pip install google-cloud-translate==2.0.1

Ruby

Ruby 開発環境の設定の詳細については、Ruby 開発環境設定ガイドをご覧ください。

gem install google-cloud-translate-v2

Cloud Translation - Advanced クライアント ライブラリ

開発に使用しているプログラミング言語を選択し、関連するコマンドを実行します。詳細については、Cloud Translation - Advanced のクライアント ライブラリの概要をご覧ください。

C#

nuget install Google.Cloud.Translate.V3 -Pre

Go

go get -u cloud.google.com/go/translate/apiv3

Java

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>20.3.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-translate</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

implementation platform('com.google.cloud:libraries-bom:20.2.0')

compile 'com.google.cloud:google-cloud-translate'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-translate" % "1.97.1"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

Node.js 開発環境の設定の詳細については、Node.js 開発環境設定ガイドをご覧ください。

npm install --save @google-cloud/translate

PHP

composer require google/cloud-translate

Python

Python 開発環境の設定の詳細については、Python 開発環境設定ガイドをご覧ください。

pip install --upgrade google-cloud-translate

Ruby

Ruby 開発環境の設定の詳細については、Ruby 開発環境設定ガイドをご覧ください。

gem install google-cloud-translate

Cloud SDK のインストール

コマンドラインから(curl コマンドなどを使用して)Cloud Translation リクエストを送信する場合は、gcloud コマンドライン ツールをインストールして初期化します。このツールは Cloud SDK に含まれています。詳細については、次のリンク先をご覧ください。

Cloud SDK をインストールして初期化します。

SDK と認証をテストする

GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数を設定した場合は、gcloud を使用して認証環境をテストできます。次のコマンドを実行し、エラーが発生せず、認証情報が返されることを確認します。

gcloud auth application-default print-access-token

上記のコマンドは、すべての Cloud Translation のコマンドライン REST サンプルで API 呼び出しの認証に使用されます。

次のステップ

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Cloud Translation のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Cloud Translation の無料トライアル