App Engine 標準アプリをローカルで実行してデバッグする

アプリケーションを App Engine にデプロイする前に、App Engine スタンダード アプリケーションをローカルで実行してデバッグできます。このドキュメントでは、IntelliJ IDEA 内からローカルで実行しデバッグできるように IDE を構成する方法について説明します。

始める前に

アプリケーションをローカルで実行する

App Engine アプリケーションをローカルで実行する手順は次のとおりです。

  1. [File] > [Open] の順に選択して、実行するプロジェクトを開きます。

  2. プロジェクトを含むディレクトリを参照します。

  3. [ツール] > [Google Cloud Tools] > [Run on a local App Engine Standard dev server] の順に選択します。

プロジェクトのビルドには時間がかかります。

実行構成の編集

サーバーを構成する

ローカル サーバーの実行構成を編集できます。

  1. [Run] > [Edit Configurations] の順に選択します。

    [Run/Debug Configurations] ダイアログが表示されます。

    [Run/Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット

  2. 必要に応じて構成設定を更新します。一般的な設定としては次のものがあります。

    • デプロイするアーティファクト
    • App Engine ホスト
    • App Engine ポート

環境変数を追加する

必要に応じて、環境変数を構成に追加します。

  1. [Startup/Connection] タブを選択します。

  2. [Run] を選択します。

  3. [Pass environment variables] チェックボックスをオンにします。

  4. 必要な変数を追加します。

  5. [Debug] を選択します。

  6. [Pass environment variables] チェックボックスをオンにします。

  7. 必要な変数を追加します。

    ローカル サーバーの環境変数に焦点を当てて、[Run/Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット。

  8. 終了したら、[OK] をクリックします。

サーバーの停止

開発用アプリサーバーを停止するには、[Run] > [Stop 'Google App Engine Standard Local Server'] を選択します。

アプリケーションのデバッグ

以前に作成した実行構成を使用してアプリケーションをデバッグモードで実行するには、次のようにします。

  1. [Run] > [Debug] の順に選択します。

  2. ダイアログで、[Google App Engine Standard Local Server] をクリックします。

  3. プロジェクトがビルドされたら、アプリをデバッグするブレークポイントを設定できます。

Community Edition のローカルでアプリケーションを実行する

IntelliJ Community Edition は、ローカル Java サーブレット ベースのアプリケーションを実行するためのネイティブ サポートを提供していません。IntelliJ Community Edition を使用してアプリケーションをローカルでデバッグするには、Maven または Gradle プラグインを使用するようにプロジェクトを構成します。

Maven

Maven プラグインを使用してプロジェクトを構成するには:

  1. プロジェクトの pom.xml ファイルに App Engine Maven プラグインを追加します。

  2. 開発用サーバーでデバッグを構成します。

  3. Maven の実行 / デバッグ用の構成を作成します。

    [Run/Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット

    1. [Run] > [Edit Configurations] の順に選択します。

    2. プラス記号(+)をクリックして、新しい構成を追加します。

    3. Maven を選択します。

    4. [Command line] フィールドに「appengine:run」と入力します。

    5. [OK] をクリックします。

  4. リモート デバッグの構成を作成します。

    [Run/Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット

    1. [Run] > [Edit Configurations] の順に選択します。

    2. プラス記号(+)をクリックして、新しい構成を追加します。

    3. [Remote] を選択します。

    4. ポート番号が、Maven App Engine プラグインで構成したポートと同じであることを確認します。デフォルトのポートは 5005 です。

    5. [Before launch] セクションで、プラス記号(+)をクリックします。

    6. [Run Another Configuration] を選択します。

    7. Maven プロジェクトの構成を実行します。

    8. [OK] をクリックします。

  5. アプリケーションをローカルでデバッグするには:

    1. [Run] > [Debug] の順に選択します。

    2. リモート デバッグの構成を選択します。

      [Run/Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット

      これで、アプリケーションをローカルでデバッグできるようになりました。

Gradle

Gradle プラグインをでプロジェクトを構成するには:

  1. 新しい Gradle プロジェクトを作成します

  2. 開発用サーバーでデバッグを構成します。

  3. Gradle の実行 / デバッグ構成を作成します。

    [Run/Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット

    1. [Run] > [Edit Configurations] の順に選択します。

    2. プラス記号(+)をクリックして、新しい構成を追加します。

    3. [Gradle] を選択します。

    4. Gradle project フィールドで、appengine-gradle-plugin プラグインを構成したモジュールを選択します。

    5. [Tasks] フィールドに「appengineRun」と入力します。

    6. [OK] をクリックします。

  4. リモート デバッグの構成を作成します。

    [Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット

    1. [Run] > [Edit Configurations] の順に選択します。

    2. プラス記号(+)をクリックして、新しい構成を追加します。

    3. [Remote] を選択します。

    4. ポート番号が、Maven App Engine プラグインで構成したポートと同じであることを確認します。デフォルトのポートは 5005 です。

    5. [Before launch] セクションで、プラス記号(+)をクリックします。

    6. [Run Another Configuration] を選択します。

    7. Maven プロジェクトの構成を実行します。

    8. [OK] をクリックします。

  5. アプリケーションをローカルでデバッグするには:

    1. [Run] > [Debug] の順に選択します。

    2. リモート デバッグの構成を選択します。

      [Debug Configurations] ダイアログを示すスクリーンショット

      これで、アプリケーションをローカルでデバッグできるようになりました。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。