App Engine フレキシブル環境用のアプリの作成

App Engine は、ウェブ アプリケーションを大規模に開発およびホスティングするための、完全に管理されたサーバーレスのプラットフォームです。
このドキュメントでは、App Engine フレキシブル環境用のアプリケーションを作成する方法について説明します。

始める前に

クイックスタートに従って、Cloud Tools for IntelliJ をインストールおよび設定します。

新しいアプリケーションを作成する

[New Project] ウィザードを使用するか、Cloud Source Repositories に既存のプロジェクトをインポートすることで、新しいアプリケーションを作成できます。

[New Project] ウィザードを使用する

新しいプロジェクトを作成するには、IntelliJ の [New Project] ウィザードを使用して、独自のアプリケーションの開始点として使用できるテンプレート アプリケーションを生成します。

新しいプロジェクトを作成する手順は次のとおりです。

  1. Choose File > New > Project to display the New Project dialog.

  2. Choose Java in the left panel.

  3. In the Additional Libraries and Frameworks section, check the Google App Engine box for your environment.

  4. If needed, select the Create app.yaml checkbox.

  5. Click Next.

  6. Enter a Project name.

  7. Enter a Project location if you do not want to keep the default.

  8. Update the fields in the More Settings section if you do not want to keep the defaults.

  9. Click Finish.

既存のプロジェクトをチェックアウトする

Cloud Source Repositories の既存のプロジェクトをチェックアウトできます。

  1. [VCS] > [Checkout from Version Control] > [Google Cloud] を選択します。

  2. [Source Code checkout] メニュー オプションへのナビゲーションを示すスクリーンショット
  3. [Clone from Google Cloud] ダイアログで、プロジェクトに関連付けられている Cloud プロジェクトを選択します。
  4. ソースコードをチェックアウトするダイアログを示すスクリーンショット
  5. [Cloud Repository] を選択します。
  6. [Parent Directory] を選択します。
  7. [Directory Name] を入力します。
  8. [Clone] をクリックします。

フレームワーク サポートを追加する

アプリケーションにフレームワーク サポートを追加したことがない場合、IntelliJ IDEA は、App Engine アプリケーションを開いたことを検出した後、フレームワークを構成するように促すプロンプトを表示します。

  1. プロジェクトを右クリックします。

  2. [Add Framework Support] を選択します。

  3. [App Engine flexible] チェックボックスをオンにします。

    または、[Google Cloud Tools] メニューから App Engine フレームワーク サポートを追加することもできます。

    1. [Tools] > [Google Cloud Tools] > [Add App Engine support] > [Google App Engine flexible] を選択します。

    2. フレームワーク サポートを追加するモジュールを選択します。

    3. [OK] をクリックします。

  4. 必要に応じて、[Create app.yaml] チェックボックスを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。