Cloud API とライブラリの管理

Cloud API を使用すると、Google Cloud Platform のプロダクトとサービスにコードからアクセスできます。Cloud API では、クライアント ライブラリ経由で呼び出し可能な単純な JSON REST インターフェースを公開します。

このドキュメントでは、Cloud API を有効にし、サービス アカウントと環境変数を管理して API にローカルでアクセスすることで、Maven プロジェクトに Java 用 Cloud クライアント ライブラリを追加する方法を説明します。

準備

クイックスタートの説明に従って、IntelliJ IDEA のインストールとセットアップを行います。

Cloud クライアント ライブラリの追加

IntelliJ でプロジェクトにライブラリを追加するには:

Maven プロジェクトの場合

  1. [Tools] > [Google Cloud Tools] > [Add Cloud libraries and Manage Cloud APIs] の順に選択します。
  2. [Add Google Cloud Libraries] ダイアログが開き、サポートされるライブラリが表示されます。

    [Add Cloud Libraries] ダイアログのスクリーンショット。このダイアログのプルダウン メニューを使用して、ライブラリに追加するモジュールを選択します。追加可能な API の一覧を表示することもできます。このダイアログの作業領域には、API に関する情報が表示されます。
  3. [GCP Project:] フィールドで、正しいプロジェクトとアカウントが表示されていることを確認します。表示されていない場合には、省略記号をクリックして、正しいプロジェクトとアカウントを選択します。
  4. [Add Google Client Library to Module] プルダウン メニューで、ライブラリを追加するモジュールを選択します。
  5. [Google Cloud Java] プルダウン メニューで、使用する Google Cloud Java BOM のバージョンを選択します。
  6. [Google Cloud Java] での選択に応じて、ライブラリ間のバージョンの競合を解決するために Google Cloud Java BOM(部品表)がプロジェクトの pom.xml ファイルに追加されます。

  7. 追加するライブラリのチェックボックスをオンにします。
  8. [続行] をクリックします。
  9. [Enable GCP APIs and Manage Service Accounts Confirmation] ダイアログが表示されます。

    役割を新しいサービス アカウントに追加する際の確認ダイアログのスクリーンショット。キーのダウンロード パスや、プロジェクトに追加される API も表示されます。
  10. [Service account name] フィールドで、デフォルトの名前をそのまま使用するか、新しい名前を入力します。
  11. [Download path] フィールドで、サービス アカウント キーをダウンロードする場所に移動します。
  12. API での必要に応じて、サービス アカウントに追加する役割を選択します。
  13. [OK] をクリックします。
  14. サービス アカウントが作成されたことの確認、およびキーのパスを示すスクリーンショット。

    IntelliJ により、次の更新が行われます。

    • 選択された依存関係を pom.xml に追加します。
    • Google Cloud Platform で、選択された API を有効にします。
    • サービス アカウントを作成し、そのキーを指定された場所にダウンロードします。
  15. ローカルで Google Cloud APIs にアクセスするには、GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数と GOOGLE_CLOUD_PROJECT 環境変数をローカルの開発用サーバーやローカルの実行構成で次のように設定します。
    1. コピーアイコンをクリックして変数をクリップボードにコピーします。
    2. 実行構成を編集します。
    3. 環境変数セクションで、貼り付けアイコンをクリックします。
    4. ローカル アプリケーション サーバーの場合、このセクションは [Startup/Connection] タブに表示されます。

    5. 環境変数は自動的に挿入されます。

Maven プロジェクト以外の場合

  1. [Tools] > [Google Cloud Tools] > [Manage Cloud APIs] の順に選択します。
  2. [Manage Google Cloud APIs] ダイアログにが開き、サポートされるライブラリが表示されます。

    [Add Cloud Libraries] ダイアログのスクリーンショット。このダイアログは追加可能な API の一覧を表示することもできます。このダイアログの作業領域には、API に関する情報が表示されます。
  3. [GCP Project:] フィールドで、正しいプロジェクトとアカウントが表示されていることを確認します。表示されていない場合には、省略記号をクリックして、正しいプロジェクトとアカウントを選択します。
  4. 追加するライブラリのチェックボックスをオンにします。
  5. [続行] をクリックします。
  6. [Enable GCP APIs and Manage Service Accounts Confirmation] ダイアログが表示されます。

    役割を新しいサービス アカウントに追加する際の確認ダイアログのスクリーンショット。キーのダウンロード パスや、プロジェクトに追加される API も表示されます。
  7. [Service account name] フィールドで、デフォルトの名前をそのまま使用するか、新しい名前を入力します。
  8. [Download path] フィールドで、サービス アカウント キーをダウンロードする場所に移動します。
  9. API での必要に応じて、サービス アカウントに追加する役割を選択します。
  10. [OK] をクリックします。
  11. サービス アカウントが作成されたことの確認、およびキーのパスを示すスクリーンショット。

    IntelliJ により、次の更新が行われます。

    • Google Cloud Platform で、選択された API を有効にします。
    • サービス アカウントを作成し、そのキーを指定された場所にダウンロードします。
  12. ローカルで Google Cloud APIs にアクセスするには、GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS 環境変数と GOOGLE_CLOUD_PROJECT 環境変数をローカルの開発用サーバーやローカルの実行構成で次のように設定します。
    1. コピーアイコンをクリックして変数をクリップボードにコピーします。
    2. 実行構成を編集します。
    3. 環境変数セクションで、貼り付けアイコンをクリックします。
    4. ローカル アプリケーション サーバーの場合、このセクションは [Startup/Connection] タブに表示されます。

    5. 環境変数は自動的に挿入されます。

次のステップ

  • GitHub でプラグインのコードを調べて問題を報告します。または、Stack Overflow で質問します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。