Chromeサービスの試用条件の補足

この Chrome サービス試用規約の補足条項(以下「試用規約の補足条項」)は、お客様と、本契約で指定される Google エンティティとの間で締結される該当の契約(下記で規定)を補足するものです。本試用規約の補足条項で使用される定義済みの用語はすべて、本試用規約の補足条項で別途明示的に定義されているものを除き、本契約での定義と同じ意味で使用されます。また、「単数」として使用される定義済みの用語も、文脈上必要な場合は「複数」の意味を持つことがあります。

お客様に試用目的で提供された本サービスを使用することにより、お客様は以下の規約に同意するものとします。

  1. 用語の定義。

    「契約」とは、Chrome サービス ライセンス契約、Chrome ライセンス契約、Google Cloud 基本契約およびそれを構成する一般条項、注文フォーム、Chrome サービスのスケジュール、Chrome ライセンス契約、Chrome デバイス管理のライセンス契約、企業および教育機関向け Chrome デバイス管理のライセンス契約、Chrome デバイス管理サービスを対象とする Chrome for Work ライセンス契約、Chrome デバイス管理サービスを対象とする Chrome for Work 契約(オンライン直接販売)、Chromebook 管理コンソール管理サービスを対象とする企業向け Chrome OS ライセンス契約、上記のいずれかの契約の販売パートナー版、Google がお客様への本サービスの提供に同意している他のあらゆる契約(該当する場合)をいいます。

    「G Suite のお客様」とは、G Suite 契約を締結し、それを有効な状態に維持しているお客様をいいます。

    「G Suite 契約」とは、お客様と Google の間で特定の G Suite サービスについて別途締結される書面の契約をいいます。かかる G Suite サービスは当該契約で規定されます。

    「猶予期間」とは、試用期間の最終日のすぐ次の日から始まる暦日で連続 30 日の期間、または Google により通達された期間をいいます。

    「他の方法によるサービスの試用」とは、Google がお客様に対して管理コンソール以外の方法で限定的に使用できるようにした本サービスを試用すること(サブドメインでの試用など)をいいます。

    「管理コンソールを介したサービスの試用」とは、G Suite のお客様または本サービスの新規のお客様が、管理コンソールの試用機能によって本サービスの限定的な試用を有効にすることをいいます。

    「停止」とは、本サービスまたはそのコンポーネントへのアクセスを直ちに無効にして、それ以降の本サービスの使用を不可能にすることをいいます。

    「試用開始日」とは、Google がお客様に対して本サービスを使用可能にする日をいいます。

    「試用期間」とは、以下のいずれかの期間をいいます。

    1. 管理コンソールを介したサービスの試用の場合は、試用開始日から 60 日間。
    2. 他の方法によるサービスの試用の場合は、試用開始日から(A)該当するサービスの管理コンソールの [料金] セクションに記載されている日数(該当する場合)、または(B)猶予期間のいずれか長い方の期間をいいます。
  2. 試用ライセンスの許諾。Google がお客様に対して本サービスの試用を可能にした場合、Google はその試用期間中、社内ビジネスでの用途に限り、お客様のハードウェアで本サービスを使用できる、非独占的で譲渡不可かつサブライセンス不可の限定的ライセンス(以下「試用ライセンス」)をお客様に許諾します。なお、お客様による試用ライセンスの使用数は、Google がその試用期間中にお客様に提供しているライセンス数を超えないものとします。お客様は、管理コンソールの [料金] セクションで、お客様に提供されている該当サービスの試用ライセンス数を確認できます。本第 2 条(試用ライセンスの許諾)に基づくお客様への試用ライセンスの許諾は、お客様が本試用規約の補足条項および本契約を遵守することを条件とします。
  3. 試用期間中のサービスの使用。試用期間中、Google は本試用規約の補足条項に従い、お客様に本サービスを無償で提供するものとします。お客様はその試用期間中、本試用規約の補足条項第 6 条(キャンセル)に基づき、本サービスをキャンセルすることによって、いつでも本サービスの使用を停止できます。また、お客様は、試用登録手続きにおいて追加の利用規約への同意を求められることがあります。かかる追加の利用規約はすべて、その試用期間中、お客様にのみ適用され、本試用規約の補足条項の一部となります。本試用規約の補足条項との間に矛盾がある場合は、かかる追加の利用規約が優先されるものとします。
  4. 使用の制限。お客様は、第 2 条(試用ライセンスの許諾)に定める許容される使用以外のいかなる目的でも試用ライセンスを使用せず、また他者にもそうした使用を許可しないものとします。
  5. 試用期間中のライセンスの切り替え。
    1. 管理コンソールを介したサービスの試用。試用期間中、お客様が(i)管理コンソールの購入オプションを使用して本サービスのサブスクリプション ライセンスを購入した場合、または(ii)本サービスのサブスクリプション ライセンスの購入を販売パートナーに注文した場合、Google はお客様の既存の試用ライセンスを、(i)管理コンソールでの購入日(管理コンソールを介して購入した場合)、または(ii) Google がお客様の代理としての販売パートナーから注文フォームを受領した日(販売パートナーから購入した場合)のいずれか該当する時点で、該当サービスの有償ライセンスに切り替えます。かかる切り替えを行った試用ライセンスのもと、お客様は本契約の該当期間中、本サービスの使用を継続できます。 試用ライセンスから有償ライセンスへの切り替えにより、お客様は、管理コンソールの該当する購入取引で示されるとおり、該当サービスの有償ライセンス数を購入したことになります。
    2. 他の方法によるサービスの試用。試用期間中、お客様が本サービスの有償ライセンスを販売パートナーに注文した場合、Google はお客様の既存の試用ライセンスを、Google が注文フォームを受領した日付で該当サービスの有償ライセンスに切り替えます。お客様は、本契約の該当期間中、本サービスの使用を継続できます。この試用ライセンスから有償ライセンスへの切り替えにより、お客様は、注文フォームで示されるとおり、該当サービスの有償ライセンス数を購入したことになります。
    3. 本第 5 条(試用期間中のライセンスの切り替え)に基づき試用ライセンスを有償ライセンスに切り替えると、かかる試用ライセンスのもとでのお客様の試用は、Google による通知なしに自動的に終了し、試用期間の残りの期間は一切適用されなくなります。それ以降のお客様の有償ライセンスの使用には本契約の条項が適用されます。
  6. キャンセル。
    1. 管理コンソールを介したサービスの試用。お客様が試用期間の終了前に本サービスの試用ライセンスをキャンセルした場合は、キャンセルした日付をもって、お客様は本サービスにアクセスして、これを使用することができなくなります。また、試用ライセンスのもとで登録されているお客様のハードウェアはすべて登録が解除されます。
    2. 他の方法によるサービスの試用。お客様が試用ライセンスのキャンセルを希望する場合は、管理コンソールに表示されるサポート連絡先情報を使って Google に連絡することができます。
  7. 終了の影響。
    1. 管理コンソールを介したサービスの試用。
      1. 有償ライセンスへの切り替え。お客様が試用期間中に有効な請求情報を指定し、試用期間の終了前に試用ライセンスをキャンセルしない場合、お客様の本サービスの試用ライセンスは自動的に有償ライセンスに切り替えられ、管理コンソールの [料金] セクションで指定された請求プランが適用されます(以下「ライセンスの切り替え」)。ライセンスの切り替え後、本サービスを継続して使用することにより、お客様はかかる切り替えに同意したことになり、その使用には本契約の条項が適用されます。お客様は、ライセンスの切り替え後、本契約の終了に関する条項に従っていつでも本サービスを終了できます。
      2. 停止期間。お客様が試用期間中に有効な請求情報を指定しない場合、お客様のアカウントは試用期間の終了時に停止されます。試用期間の終了後も一定期間内は引き続き有効な請求情報を入力できます。該当期間中に請求情報を入力すると、お客様の試用ライセンスは同等の有償ライセンスに切り替えられ、それ以降のお客様の本サービスの使用には本契約の条項が適用されます。
    2. 他の方法によるサービスの試用。試用期間の終了時に、お客様は(i)試用ライセンスの終了をそのまま受け入れるか、(ii)本サービスの有償ライセンスを購入することにより試用ライセンスを有償ライセンスに切り替えるかのいずれかを選択できます。お客様は、本サービスの有償ライセンスの購入についての情報を Google またはその販売パートナーに問い合わせることができます。
  8. 譲渡と保証。試用ライセンスおよび該当サービスを第三者に移譲または譲渡することはできません。試用ライセンスおよび該当サービスはその試用期間中、いかなる種類の保証もなくお客様に「そのまま」の形で提供されます。
  9. 準拠法。本試用規約の補足条項には、本契約で規定されている準拠法および法域が適用されます。
  10. 矛盾する条項。本試用規約の補足条項の内容に関して、本試用規約の補足条項と本契約との間に矛盾がある場合は、本試用規約の補足条項、本契約の順に優先されます。本契約のその他すべての条項は、変更なく、完全な効力を有するものとし、本試用規約の補足条項において、本試用規約の補足条項による当事者の目的を果たすためのものとして解釈されます。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。